無料ブログはココログ

« データや経営情報に振り回される会社(1) | トップページ | 今日が今年のセミナー・研修初め »

2018年1月 5日 (金)

ビジネスライクに見ても不可思議

大相撲である。と言っても私は全くの門外漢なので、あれこれという立場にはない。どちらかといえば野次馬なのだが、それにしても訳のわからないことが多すぎるので書いてみることにしたわけである。

 

具体的な事実は(これもあくまで実際に見たわけではないが)、二次会という酒の席で横綱日馬富士が、後輩関取である貴の岩の態度に激怒して暴力を振るい、大けがをさせたということ。

 

そして、そばにいた横綱二人(白鵬と鶴竜)が中に入って止めようとしたが止めきれなかったこと。最終的には止めたが、大けがを負わせるまでは傍観的であった可能性も残る。

 

貴の岩は師匠である貴乃花親方に、最初は事実を報告せずにいたが、さすがに大げがを負っているので親方は警察に被害届を出した。

 

貴の岩は巡業中だったが、翌日の相撲にも出て取り組みをこなしていたが、やはりけがの具合が思わしくなく欠場を余儀なくされた。

 

数日後に警察から相撲協会に被害届が出たことと事件の概要が伝えられたが、巡業部長である貴乃花親方からは報告がなかった。親方は警察からの連絡が行くはずだと考えていた。

 

一連の事件はここから大きな広がりを見せていくわけだが、その辺りはすでに周知のことが多いので省略しよう。いずれにしても、結果として日馬富士は自ら引退した。

 

日馬富士の親方である伊勢ヶ浜も理事を辞任して降格になった。白鵬と鶴竜は減俸処分を科せられ、八角理事長も給与返上となった。そして貴乃花親方も理事・部長としての責任を問われ降格処分となった。Photo

 

ビジネスライクに考えてみよう。ある部門のリーダーが大きな過ちを犯したが、その時に共に業務を補助していた先輩・後輩リーダーは、結果としてその過ちを止められなかった。

 

過ちを犯したリーダーは辞任し諭旨免職となったが、後付けで「退職勧告相当」とされた。その上司(部門長)も監督責任を問われ、役員と部門長を自ら退いた。しかし現場の業務は続けている。

 

同じ現場にいて、加害者となったリーダーを保管すべき立場であった二人も責任は問われたが、地位はそのままで減俸処分だけがなされた。

 

その過ちで、別部門の担当者が大きな被害を被り、業績が下がって大きく評価を下げられた。救済処置はされるようだが、実力で取り返さないとさらに評価が下がるだろう。評価は給与に反映される。

 

しかも被害を被った担当者の上司である部門長は、役員と担当業務の長を辞任することを勧奨された。しかし彼はそれを蹴って、結果として解任されることになった。ただし現場の仕事はそのままである。

 

おかしいだろう、と感じる方も多いのではないか。少なくとも私は冗談じゃないという思いだ。別に貴乃花親方の肩を持つ気もないし、もっとやり方があっただろうという思いもある。

 

それを差し引いても、今回の処分は納得がいかない。加害者側の管理監督者と、結果としてほぼ同じ処分だというのは極めておかしい。あるいは、加害者を本場所の土俵にそのまま立たせていた責任は?

 

報告義務を取り立てていうなら、当事者の日馬富士やそばにいた白鵬、鶴竜の責任の方が大きいだろう。

 

また貴の岩にしても、被害を被った時点の地位が保全されてもいいんじゃないかとかんじるのが、どうだろうか。いずれにしても加害者と被害者、双方に課せられた事後処置のバランスが悪すぎる。

 

やはり、相撲協会という特殊な環境にこそ問題があるのではないかと、素人目にも映ってしまうようではだめだろうな。初場所からの客の入りに影響が出ないか心配だ。

« データや経営情報に振り回される会社(1) | トップページ | 今日が今年のセミナー・研修初め »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスライクに見ても不可思議:

« データや経営情報に振り回される会社(1) | トップページ | 今日が今年のセミナー・研修初め »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28