無料ブログはココログ
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

VAN研(ヴァンガード経営研究所)

フォト

« 反論薩長史観・テロリストたる久坂玄瑞 | トップページ | 今年最初のキャッシュフローMGセミナーでした »

<連載㉒> チャンスが拡大していく

衝突は大いに起こっても佳いではないか、ということまで前回書きました。

 

 要するにそういう考え方から出発して、なるべく押さえつけや強権行使をせずに、各人の意欲を高めて、各人の力をできる限り大きく発揮させようというわけです。

 
 
 MGの「紙は自分で」もそうですし、「教えない」ということも、各人が自ら意欲を持って行動していこう、その結果として自分の本来持っている力を発揮していこうということにつながります。20170819_mg6

 

そうやって各卓のみんなが前向きに、自主的に動いていけば、自ずとその市場が活性化して成果を得られるチャンスが拡大していくはずです。

 
 
 もちろん、衝突は大いにやれと言っても、相互間の調整と言ったようなことも必要です。そのためにルールが決められているわけであり、特にMGでは「Cルール」で、衝突によるマイナスを防ぐことのいくつかが記されています。(写真は昨年の「こしがやMG」)

 
 
 脳力開発ではさらにもう一歩進めて、実際生活や仕事の中で衝突を防ぐ相互間の調整方法を提起しています。この調整の根本については、次回以降にお話しします。

« 反論薩長史観・テロリストたる久坂玄瑞 | トップページ | 今年最初のキャッシュフローMGセミナーでした »

連載「MGと脳力開発」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/66261541

この記事へのトラックバック一覧です: <連載㉒> チャンスが拡大していく:

« 反論薩長史観・テロリストたる久坂玄瑞 | トップページ | 今年最初のキャッシュフローMGセミナーでした »