« 反薩長史観・鞍馬天狗はエエもんではない | トップページ | 信越本線普通電車15時間余立ち往生の真因は »

<連載㉖> MGはいつも第1期からスタート

脳力開発では、現在の自分あるいは自社の状況をきちっと捉えることが重要だと言いますが、それは全て「現時点での条件」です。言い換えれば、ここが出発点だということです。

 
 
 真の価値は、今ここから遂げていく進歩発展にあるのです。それは自分の努力で作っていく「創造的変化」のことであり、その創造的変化を『変革』と呼んでいます。

 20170312_mg10
 
 変革を成し遂げていくこと、なんだか難しそうだなと思われましたか?でもやることは当たり前のことの積み重ねだということを、まず知っておいて下さい。

 

 以前にも言いましたが、「よし、できる、やろう(やり遂げるんだ)」という気持ちが大切です。

 
 
 今ここ、つまり現時点という「現在の客観的条件」が何であろうとも、断じて強い決心・覚悟、そして信念と誇りを持っていることが大事なのです。言い換えますと「自分が主人公」であり、リーダーなのだという強い心です。

 
 
 MGはそれを体現、体感し、行入して体験を積み重ねていく研修・講習です。しかも、条件はみんな平等、同じところから第1期がスタートします。一人一人が社長、つまり主人公でありリーダーなのです。

« 反薩長史観・鞍馬天狗はエエもんではない | トップページ | 信越本線普通電車15時間余立ち往生の真因は »

連載「MGと脳力開発」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <連載㉖> MGはいつも第1期からスタート:

« 反薩長史観・鞍馬天狗はエエもんではない | トップページ | 信越本線普通電車15時間余立ち往生の真因は »