無料ブログはココログ

« 山椒は小粒でもぴりりと辛い | トップページ | <連載㉕> 脳の力をかなり遊ばせている »

2018年1月22日 (月)

MG効果を見る二つのチェックポイント

週末研修(MG)がつづきます。この土日は大阪で「なにわシーガル」MG、そして今週末は地元新潟の柏崎で、「佐々木杯柏崎」MGです。

 

どちらもMG開発者の西順一郎先生のインストですが、ところが変われば参加者も変わり、雰囲気というか空気感が違います。その変化を愉しむ、そこから新たな効果を得る。

 

そう、MGのめざすところは「効果」です。いや、MGのみならず、どんなセミナーや研修でも「効果」が自分自身や自社にもたらされなかったら、何の意味があるでしょうか。

 

世の中には、セミナーや研修が花盛りで、私のようなちっぽけな個人事業の会社にも毎日のように案内が、メールやSNSで送られてきます。一応目を通すのですが、それだけでも結構大変です。20170129_mg1

 

私の場合はどういう内容やテーマのセミナーに出るのか、大枠を決めていますので迷うことはありませんが、皆さんはどういう基準で選ばれているのでしょうか。

 

何人か「セミナー好き」な経営者の方を知っています。その中のお一人は、私から見ても「よく行かれるなぁ」と感心をします。まさにセミナー好きです。

 

MGにも「MG好き」な方が、いらっしゃるようです。幸いなことに、しっかりと目的を持っている方が多いので心配はありませんが、中には首をかしげてしまう方もいらっしゃらないわけではありません。

 

バロメータがあります、MGには。一つは、その会社の社員さんも(一緒に)参加されているか、あるいはまたその方はマイツール(PCソフト)を使うようになられたか。

 

私はその二つをチェックポイントにしています。もちろん、さらに推し進めてその会社が「変わった」かというポイントもありますが、これは実際の会社を見てみないと分かりません。

 

しかし、二つのチェックポイントは簡単に見る、あるいは耳で聞くことができます。

 

この土日のMG研修の中でも、西先生が「いくら(MG)期数を重ねても」という話をされました。コンサルタントとして、あるいは企業研修のインストラクターとして仕事をしている私にも、とっても重い言葉です。

 

私の関わっている企業が良くなっているか、人材が育っているか、自分の向けての鋭い言葉の刃として受け取りました。今年の新たな戦略目標に、しっかり加えていきます。

 

幸いなことに今のところは、進み方にはいささか気にかかる会社もありますが、どの企業も方向を間違ってはいないようです。でも歩みは着実に、脳力開発的にいえば「一口ずつ、一歩ずつ」です。

 

気を引き締めて、今週末の柏崎MGに参加して参ります、新たな気づきを求めて。

« 山椒は小粒でもぴりりと辛い | トップページ | <連載㉕> 脳の力をかなり遊ばせている »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MG効果を見る二つのチェックポイント:

« 山椒は小粒でもぴりりと辛い | トップページ | <連載㉕> 脳の力をかなり遊ばせている »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28