無料ブログはココログ

« <連載㉖> MGはいつも第1期からスタート | トップページ | 佐々木杯・柏崎MGに参加しています »

2018年1月27日 (土)

信越本線普通電車15時間余立ち往生の真因は

この冬最強の寒波だと、ニュースが繰り返している。何年かに一度の寒波だとも言っている。しかし、確か2年前にも大雪と強風で交通が大混乱した。

 

当時は新潟県長岡市に住んでいたが、強力な融雪設備を備えている長岡市ですが、道路渋滞があちこちでおこり、JR在来線は除雪が間に合わずに全面運休となった。

 

今回はそれに比べるとそうでもないという感じがしている。確かに気温は低く、一昨日などは新潟市でも真冬日であった。それでも、前々週の大雪で大混乱の時よりずいぶんマシだ。

 

山雪と里雪があって、前回は里雪で今回は山雪だったらしい。その分、山間地を走る鉄道や道路の不通が目立っている。

 

そういえば前々週の大雪では、信越本線で普通電車が雪を巻き込み15時間以上も立ち往生した。雪国に住んでいない人が、あれこれと批判をしていたが、少なくとも現場の対応は8割方正しかった。Photo_2

しかし、除雪車を出すのが遅れたとか、出す時点での不備とかは紛れもないことだ。特に今は除雪車のほとんどが鉄道車両ではなく、鉄道機械なのが問題だ。

 

昔の除雪は鉄道車両による「除雪列車」が主体だった。速度も遅く、除雪時間はかかったが出動に際してスムースにできた。また、職員数も多く周辺住民の応援確保も日頃から準備がなされていた。

 

今は、除雪車両は数を減らし、車両のほとんどは「機械」だ。レールの上を走るのだから同じだろうと思われるかも知れないが、大きな違いがある。

 

車両は、ATSなど線路を普通に走るための装置を設備していなければならない。機械にはそれが不要ではあるが、機械が通常線路上を走る際には「線路閉鎖」という措置が必要となる。

 

最近の除雪機械は、かつての除雪車両よりもずっと性能がいい。出動してしまえば、その能力を存分に発揮するだろうが、前段階の処置がスムースでなければ意味がない。

 

今回はそれに手間取ったらしい。現場状況が正しく伝わっていなかったのか?そうではないと思う、列車無線もあるから状況は運転士なり、車掌から状況連絡は運転センターに伝わったはずだ。

 

問題はそこから先の伝わり方だろう。おそらく、除雪機械の出動までには何段階かの伝達、あるいは上申が必要だったに違いない。それが遅かったが、よくあることだ。鉄道だけのことでもない。

 

立ち往生した区間は豪雪地帯ではない、ただだだっ広い平野で風が強く吹きだまりができやすい上に、視界不良になることも多い。周りの道路も狭い。

 

もう一つ問題点がある。合理化がどんどん進んで、駅の側線や中線がほとんど廃止されていることだ。一部は除雪用に残しているところもあるが、多くの駅が追い越し・追い抜きができない配線になっている。

 

頻繁に除雪はしたいが、そのたびに線路閉鎖をしなければならないし、待避線が少ないから閉鎖区間がどうしても長くなる。だからいざという時まで除雪出動できない状況なのか?それはおかしな話だ。

 

駅の無人化も進み、駅からの人員出動や駅を基点にしての活動ができにくくなっている。致し方ないといえばそれまでだが、大雪時くらいは臨戦態勢がとれるようにはならないか。

 

立ち往生はやむを得なかったが、さすがに15時間余というのは長すぎる。システムや規則の問題が明らかになったのだから、二度と起こらないことを鉄道ファンとしても望みたい。

« <連載㉖> MGはいつも第1期からスタート | トップページ | 佐々木杯・柏崎MGに参加しています »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信越本線普通電車15時間余立ち往生の真因は:

« <連載㉖> MGはいつも第1期からスタート | トップページ | 佐々木杯・柏崎MGに参加しています »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28