無料ブログはココログ

« <連載⑳> 3つの基本前提は当たり前のこと | トップページ | 新年のご挨拶 »

2017年12月31日 (日)

我が家は故あって年越しうどんです

今日は大晦日です。毎月最後の日を晦日といいますが、年末の最後は締めくくりということもあって大晦日となっています。

 

ところによって大晦日の過ごし方もそれぞれ違うようですが、年の初めには「年神様(としがみさま)」がやって来られるので、大晦日は零時をまたいで寝ずに待つという地域が多いとか。

 

これを「歳籠もり」という地方もあるようです。中には、途中でうっかり寝てしまうと白髪が増えてしまうぞ、などと脅かされるという話も耳にしました。

 

普段は「早く寝なさい」と怒られる子供たちも、この日ばかりは夜更かしが公認になりますので、遊びやゲームなどにうつつを抜かしたものですが、最近はどうなのでしょう。

 

除夜の鐘は零時を挟んでつくわけですが、一般的には年内に107回、そして最後の1回は年が明けてからと言われています。

 

ところでそんな大晦日の風習がいつ頃から始まったのかというと、これにはまたいくつか説があるようです。一般的には平安時代、仏教が民衆の間に定着をした頃からでしょうか。

 

ただ、年越しそばはもっと新しく、起源は江戸時代だということです。ではなぜそばなのかも諸説ありますが、細く長く長寿を祈願してというのが妥当なところでしょうか。Photo

 

ちなみに、『うどん県』の香川県では年越しそばではなく、年越しうどんなんですかね。我が家も、故あって年越しうどんです。

 

そういえば、「二年参り」をするところも少なくないですね。これも年をまたがってという意味なのでしょうが、またがっていても単に初詣と称する地域の方が実は多いそうです。

 

私はというと年末年始は、家の中でゆっくり過ごします。老母が健在だった頃は、住んでいた大阪まで年末に車を走らせ、近くの神社にお参りをしてから、三が日の内には新潟に戻っていました。

 

かみさんの方もすでに両親が亡くなっていますので、松の取れないうちに顔を出すという程度です。今は娘夫婦と孫も一緒の屋根の下に住んでいますので、正月は顔を合わせますが、あとはお互いマイペース。

 

初詣も、本来ですと地域の氏神様や、自分自身の産土神神社、守護霊社などにお参りすべきでしょうが、後二社はどちらも大阪ですので、遠征で時間が作れたときに行くことにしています。

 

そんなわけで、今年も1年の大晦日。いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。来年も、といってももうすぐそこに来ていますが、続けて参りますのでよろしくお願いします。

 

最後に、皆様はじめご家族様や社員の皆様方のご健勝と、ご多幸を心よりお祈りいたします。感謝。

« <連載⑳> 3つの基本前提は当たり前のこと | トップページ | 新年のご挨拶 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が家は故あって年越しうどんです:

« <連載⑳> 3つの基本前提は当たり前のこと | トップページ | 新年のご挨拶 »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28