無料ブログはココログ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

VAN研(ヴァンガード経営研究所)

フォト

« 今年のCFMGも無事にすべて終わりました | トップページ | 今年も雪降る冬がやってきました »

<連載⑬> 失敗から学び次につなげる

進歩・発展に向かう気持ちを妨げる内部要因、その2「失敗への恐れ」です。これは、失敗を自分の中でどう位置付けるかによります。すなわち、失敗はけしからん悪いことなのかどうかということです。

 
 
そうではなく、失敗とは『前進』として役立つことなのだととらえられるかどうかです。真の認識の向上と、大きな進歩発展のためには、つまずきやミスはむしろ必要なものです。

 

なぜなら、『良いもの』とは『まずいもの』との対比であり、双方とも実践的に体得していってこそ、本当に正しい把握ができるものです。マイナスを知らずにプラスは語れないと言ってもいいでしょう。

 
 
実践的な体得、それはMGでいうところの「行入」そのものであり、皆さんもMGをやる中で何度も失敗という体験を、体験されてきているはずです。私など、最初の50期くらいは失敗の連続というか、これでもかというくらい多数のつまずきやミスを繰り返しました。

 
 
だからこそ学べたことも多いのです。もし最初から何でもかんでもうまくいっておれば、真剣にMGに向かい合わなかったかも知れません、分かった気になってしまって。

 

この実践的体得によって、初めて真に優れた行動が実際に可能となるのです。これは、脳の基本法則です。今日も誰かが言っていました。「何も失敗しない人とは、すなわち『何もしない人』と言って良い」と。まさにその通りです。

Photo

« 今年のCFMGも無事にすべて終わりました | トップページ | 今年も雪降る冬がやってきました »

連載「MGと脳力開発」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/66118137

この記事へのトラックバック一覧です: <連載⑬> 失敗から学び次につなげる:

« 今年のCFMGも無事にすべて終わりました | トップページ | 今年も雪降る冬がやってきました »