« <連載⑯> 見栄を張ってもいいことは何もない | トップページ | 大企業や大コンサルに学んでどうしたいの? »

今年のMG・学びの目標もクリア

12月も後半に入りました。私も一昨日で仕事の遠征は完了し、今年1年の整理という内部仕事にとりかかっています。今月末が決算ですので、まずはその準備です。

 

今年はさほど面倒な期末処理などはないと思うのですが、速めに処理を終えて申告書に取りかかれるよう、いろんなことを前倒しで進めていきましょう

 

また、来年1年間の行動計画などを、より具体的にまとめていく仕事も残っています。スケジュールなどはあらかた決まったのですが、今一度しっかりと整理整頓しなければなりません。

 

さて、この1年の振り返りですが、自分の学びについては100%目標を達成できたかと評価しています。今年は年間で12回(ほぼ毎月1回)、西先生のMGに参加することを目標に掲げました。20170225_mgf1

 

これまで参加したことのないところにも行ってみるという目標も、最後の参加地、伊豆温泉MGにてクリアすることができました。

 

その他フェスティバルやMGシニアなどを加えますと、気がついたら最終のMG5期で1300期に到達していました。2018年の目標になるかなと思っていたのですが、今年中に達成できたのは望外の喜びです。

 

MGを知らない方に注釈しますと、通常のMGセミナー・研修では2日間で5年分の疑似経営体験をゲーム形式で行います。これを「5期」と称しています。

 

10回研修を体験しますと50期となり、20回積み重ねていきますと100期になります。MGを始めた方の、まず最初の目標になるのがこの「MG100期」です。

 

1300期というと、その100期を13回繰り返したわけですので、通常だと260回体験をしたことになります。もっとも途中参加や、3期とか4期で終わるMGもありますので、体験の回数としてはもっと多いでしょう。

 

数を多くやればいいわけでもありませんし、別に自慢にもなりませんが、30年あまりも継続してきたことは胸を張ってもいいかなと思います。

 

それだけ体験を重ねても、いまだに平凡なミスをすることがあったり、意思決定に迷ってしまうようなことも多々あります。その度に、まだまだ学ぶことがいっぱいあるなと感じるのです。

 

今回の最終MGでも、普段ならおそらくやらないような凡ミスをやらかしてしまいました。意思決定のミスなどは1回ではすまなかったはずです。

 

MGでは「ああ、失敗したな」ですみますが、実際の経営活動ではそれが致命的なことにつながるかも知れません。逆に言うと、MGで失敗すること自体が学びになるのです。

 

これは脳力開発でいうところの、『次につながる失敗体験』だと言えるでしょう。

 

そんな風にいろんな体験を積み重ねることができるのも、私がMGを続けている理由です。1回として同じ形ということはありません、実際の経営と同じです。勝ちパターンもありません。

 

そんな中で、もう一つの目標「毎回表彰状をいただく」ことも、自分が主催したMGを除いて、達成ができました。つまり確実に成績3位以上をキープできたわけです。

 

今ひとつの目標、必ず単年度の黒字を出すことは一度だけ失敗してしまいました。これも大きな学びにつながり、再び目標として来年以降も続けていきます。

 

MGで出会った皆さんに、心から感謝を申し上げます。ありがとうございます。

« <連載⑯> 見栄を張ってもいいことは何もない | トップページ | 大企業や大コンサルに学んでどうしたいの? »

VANちゃんのMG・脳開」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/66157885

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のMG・学びの目標もクリア:

« <連載⑯> 見栄を張ってもいいことは何もない | トップページ | 大企業や大コンサルに学んでどうしたいの? »