« 第5回こしがやMG開催 | トップページ | <反論薩長史観> テロリスト・久坂玄瑞 »

<連載⑩> MG第2期は条件作りの実践訓練

さて、もう一歩話を進めていきましょう。条件(外因)の話をしましたが、条件は果たしてどうしようもないものなのでしょうか。既にある、与えられているものだから、自分の力ではどうしようもないものだと考えてしまってはいませんか。

  

実は城野宏さんは、『仕事をする』ことの本質・本体を次のように喝破しています。すなわち、主体者(つまりあなた自身)が、「既にある条件を」を使って、「まだない条件」を新たに作り上げていくことこそ、仕事なのだと。

 

他人が条件を完全に作ってくれないと、自分は何もできないし、しないのだという考えでいることが、人頼りの姿勢の人なのだと。

 
 

言い換えれば、条件(周囲の状況や環境特性も含めて)とは、「使うべきもの」であり、また「作るべきもの」だということです。この点を忘れてしまっていると、ただ流されるだけになってしまうのです。逆にきちんと習慣化できると、脳の力は大いに発揮されるわけです。

  

MG
で言えば、第2期はその条件づくりの最たる場面です。自分が思い描く第5期が終る時点から逆算して、会社盤の上をどのように組み立てていくか、まさにそれが条件作りです。

 

ですが、それが思い通りいかないからと言って、あるいはリスクカードばかりやってくると言って、あきらめますか?
23721963_1498337043569231_1325016_2

« 第5回こしがやMG開催 | トップページ | <反論薩長史観> テロリスト・久坂玄瑞 »

連載「MGと脳力開発」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <連載⑩> MG第2期は条件作りの実践訓練:

« 第5回こしがやMG開催 | トップページ | <反論薩長史観> テロリスト・久坂玄瑞 »