« MGやりたい方、この指止まれ! | トップページ | 1年の締めくくりに向けて精進第一で »

<連載⑧> 逆風が吹き始めた時にこそ

前回書きましたように、人頼りの人は脳の使い方の基本は、自分では気付かないままに「他に頼る」という働きを軸にしています。従って、結果として自分の脳を具体的に真剣に使いこなすことにならず、本来の脳力が発揮されず、脳力発展もありません。

 

 これとは反対の、「自分で主体的にやる姿勢」を土台(習慣)に据えている人にあっては、いつでも自らの努力を中心に進めることが習慣になっています。だから、どうしても自分の脳を懸命に使う結果となり、ちゃんと事を成し、さらに脳力の大いなる発展をもたらすのです。Naniwa124

 

 これだけ大きな基本姿勢の違いがあることを、お分かりいただけたでしょうか。ところが、自分では気が付かないままに、人頼りの姿勢が習い性になっていることは、すでに何度も触れてきたとおりです。この「気が付かないまま」にいうことが問題なのです。


 
 では今一度、
MGと対峙しているときの自分を見つめなおしてみてください。うまくいっているとき、自分の思うとおりに進めることができている内は問題ないのです。

 

 しかし予期せぬリスクカードが続いたり、入札が思い通りにいかなかったり、仕入れようにも仕入れられないとか、逆風が吹き始めた時にこそ、しっかり自分を見直してほしいのです。

 

 現実世界でもいいのですが、その前にMGの中でまずはトレーニングされることをお勧めします。

« MGやりたい方、この指止まれ! | トップページ | 1年の締めくくりに向けて精進第一で »

連載「MGと脳力開発」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <連載⑧> 逆風が吹き始めた時にこそ:

« MGやりたい方、この指止まれ! | トップページ | 1年の締めくくりに向けて精進第一で »