無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

VAN研(ヴァンガード経営研究所)

フォト

« 松陰神社(東京)は明治初年にはまだなかった | トップページ | <連載①> 分かりきったことでもキチンとやる »

遠征というのに台風が近付いている

一気に秋が進んでいる。気温の変化が激しくて、気温差アレルギーの身には辛いところだが、辛うじて着るもので調節できている。

 

秋雨前線が復活したということで、前線が列島を上下することで、寒気が入ったり暖気が入ってきたりと忙しいことだ。各地への遠征の際にも傘が手放せないし、バッグが濡れない工夫も必要になっている。

 

悩ましく困ったことだが、相手が自然だけに嘆いてみてもしょうがない。うまく温度調節ができたり、雨に遭わないで済んだ時にはひたすら感謝するのみだ。

 

そんな状況の中で、今度は台風(21号)が列島に近付いてきているという。しかも水温の高い沖縄の南の方で、さらに発達してきているのこと。

 

暴風域もできたようだし、これからどの方向に向かうのか気が気でない。というのも今週も明日の金曜日から遠征に出るからで、最悪の場合は移動の交通に影響があるかも知れない。

 

毎年、季節を問わずに気象の影響を受けて、遠征の移動に支障が出ることがある。台風にも毎年のようになにがしか、影響を受けて変更を余儀なくされている。

 

幸いセミナーや講演などが中止になったということは希だが、途中で切り上げて早めに移動したことは何度かあった。強風などで列車が止まり、代行バスでの移動を強いられたこともあった。Photo

 

そのために時間的な余裕(バッファ)をスケジュールには組み込んでおくのだが、台風のように進路がなかなかハッキリしない場合は、ギリギリでの判断が求められることがある。

 

ある時には早すぎた判断で、講演をキャンセルして(代わりの方にお願いして)、移動を前倒しにしたことがある。この時には台風の動きが遅く、当初の予定通りでも大丈夫だった結果に終わった。

 

それでも万が一を考えると、可能な手を打っておくことは大事だなと考えている。

 

ある年は韓国に行っていたのだが、インチョン空港からの帰り道、新潟行きの便が新潟空港の積雪でフライトキャンセルだということがあった。フライトの1時間前くらいに急に決まってしまい、ガイドも帰ってしまったので大変困った。

 

幸い、航空会社から同じ航空会社便で関西空港へ飛ぶことが可能だといわれ、それに切り替えてもらった。関空からもギリギリの列車乗り継ぎで、新潟に戻ったのは最終新幹線だった。

 

その列車の運賃分がかなり余計に掛かったことになったが、翌日朝早くからの仕事に支障が出なかったので、良しとしたわけだ。大事な仕事を控えて、ギリギリの予定を組んだことは反省だったが。

 

ただ、キャリーバッグがその便に積み込まれずに他社便で遅れて関空着、列車の発車時刻の関係で空港では受け取れず、トラック便で送ってもらうおまけがついたが。

 

今週の遠征も国内だが空便での往復になる。明日の往路は大丈夫そうだが、週明けの帰路が台風の進路次第でかなり心配だ。今日くらいには進路もハッキリしてくるかな。

 

そうなると対策も練っておかなければならない。最悪の場合は空便(の運賃分)を捨てて、移動を早めて新幹線で帰るか、台風から離れたところに泊まるかなど、「戦術」をいくつか準備しておかねばならないだろう。

 

またまた脳力開発の実践、自分が試されるケーススタディ・トレーニングと割り切っていくとしますか。

« 松陰神社(東京)は明治初年にはまだなかった | トップページ | <連載①> 分かりきったことでもキチンとやる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/65931797

この記事へのトラックバック一覧です: 遠征というのに台風が近付いている:

« 松陰神社(東京)は明治初年にはまだなかった | トップページ | <連載①> 分かりきったことでもキチンとやる »