« まだまだ予断は許しませんが | トップページ | 台風に翻弄されましたが充実のCFMGでした »

<連載②> 核動作づくりの訓練が脳力開発とMG

基礎習慣(土台)づくりは、別の言葉で言い換えますと「核動作づくり」とも呼びます。ものごとは「核動作」として完全習慣化してしまえばよいということです。脳科学で言えば、脳細胞(大脳皮質細胞)の中にしっかりと回路付けができることを指しています。

 
 
そして、この回路をできるだけたくさん作っていくことが必要なのですが、それは例えばセミナーや講習・講座などで話を聴いたり、あるいは教科書、専門書・参考書などを読んでみるだけでは不完全です。実際に行動する、実践することがカギになるのです。

 Img_9259
 
MG
でも、なぜいつも同じことを繰り返すのでしょうか。何度も何度も、いつも同じ300円(資本金払い込み)のスタートで第1期シミュレーションから始まります。自分はもうこれまで3回も4回も繰り返しやったので、十分頭の中に入っている、あるいはもう10回も同じことを繰り返したので身に付いている。そう思われている方もいらっしゃることでしょう。

 
 
我がことで申し訳ないですが、それでは私はどうなるのってその方々に問うてみたいですね(笑)。自慢ではありませんが、単純計算で250回くらい同じことを、30年余り繰り返してきているのですから。反対に笑われてしまうでしょうか、あきれられますか?

 
 
それはともかくとして、核動作づくりあるいは基礎習慣づくりというものは、一つ一つ該当する具体行動を、着実に繰り返す積み重ねによってしか実現しないのです。その動作は、極めて平凡な当たり前のものばかりです。それを愚直に繰り返す「訓練」が、脳力開発でありMGです。

« まだまだ予断は許しませんが | トップページ | 台風に翻弄されましたが充実のCFMGでした »

連載「MGと脳力開発」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <連載②> 核動作づくりの訓練が脳力開発とMG:

« まだまだ予断は許しませんが | トップページ | 台風に翻弄されましたが充実のCFMGでした »