« 脳力開発は人間学であり行動科学です(194) | トップページ | 秋風が爽やかなCFMG神戸セミナー »

その会議はMQにつながりますか

これまでにも何度か書いたテーマですが、社内会議についてです。

 

基本的に会議は、直接的にMQ(利益)を産みません。これは極めて当たり前。

 

ところが、どこの会社でもけっこう会議が多いですね。儲かっていない会社ほど多い、などとは申しませんが。

 

昨日から9月がスタートしましたが、月の初めは会議が集中するのかも知れません。先日ある方(部長クラス)の手帳を拝見しましたが、スケジュール欄にはびっしり会議予定。

 

それもやたらと長い会議が多いようです。終日とか半日とか、時間をかけると良い会議になるとでも思っているのでしょうか。

 

Photo

私もたまにクライアントの会議に呼ばれますが、必ずタイムスケジュールを事前にいただくことにしています。中心時間だけに顔を出したいから。

 

ああそれなのに、タイムスケジュールや議題・テーマが事前に配られない会議の少なくないこと、首を傾げてしまいます。

 

いつだったか、ある会社の「下半期戦略会議」というのに参加しましたが、これは朝の9時から、昼食を挟んで終わったのは夜の19時でした。ため息が出ました。

 

戦略会議だというので期待していましたが、とにかく「戦略」の話はほとんどなし。午前中は延々と上半期の報告と反省です。

 

まぁ振り返りが悪いことだとは言いませんが、、、

 

報告などはA4ペーパー1枚にまとめていただき、できれば事前に配っておいていただきたいものです。しかも時間が守られない、1人15分以内の発言が20分30分と続くのですから、あくびも出ようというものです。

 

で、その後は、下半期は何をどうしようかという戦術の話が百花繚乱、それをいちいち詳細まで詰めようとするものですから、話は堂々めぐり。

 

多くは、そのやり方(戦術)が良いか悪いか、あるいはホントにできるかできないかの論議でしたから、そんなものに結論が出せるわけがありません。

 

私にいわせれば、良いか悪いかは「戦略」に照らし合わせてトップやリーダーが決断するだけ、これは1分でけりがつきます。

 

また、できるかできないかは「やってみなければ分からない」ので、「いい、やれ!」「やります」と宣言すれば足ります。

 

それを「会議は踊る」ではありませんが、あるいは「小田原評定」でもあるまいし、もう二度とこの種の会議には出るまいと思わせる一日でした。

 

時間の無駄、MQゼロ。

 

あなたの会社も、そんな会議をやってはいませんか。

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(194) | トップページ | 秋風が爽やかなCFMG神戸セミナー »

小さな会社のマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/65735717

この記事へのトラックバック一覧です: その会議はMQにつながりますか:

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(194) | トップページ | 秋風が爽やかなCFMG神戸セミナー »