« その会議はMQにつながりますか | トップページ | 2018年にセミナーを一緒にやりませんか »

秋風が爽やかなCFMG神戸セミナー

すっかり朝晩は秋の風が吹き始めました、空気が乾いていて爽やかで佳いですね。昼間も気温は30度を超えていますが、日陰に入ると風が心地良いです。

 

神戸は海がすぐそばですし、背後に六甲の山並みが控えていて、海からの風も山を下りてくる薫風も今の季節は優しいです。

 

学生時代をこの町で過ごしたのですが、それも遠い昔の話になりました。大学を出てからは縁遠い時代が続いたのですが、MGのご縁で毎月のように、今でも1~2ヶ月に一度は訪れています。

 

今月は3日間のセミナー三昧、金曜日の脳力開発講座から始まって、この土日はキャッシュフロー・CFMGのセミナーを開講していただいています。

 

20170902_134556

今回の参加者は13名、地元神戸や大阪の他、遠くは福岡あるいは福井からも来られています。MGが初めての方はいらっしゃいませんが、CFMG既体験者は数名です。

 

キャッシュフローMGは、通常のMGが全て現金でのやりとり(受取・支払・決済)なのに対して、信用取引、すなわち売掛や買掛を加味しています。

 

売上は原則として売掛に振り替わり、集金(回収)をしなければいけません。売上と同時に現金をいただくことができません、少し間が空いてしまうのです。これは通常の会社でもよくあることです。

 

その代わり、仕入(材料)は一部の例外を除いて掛けで買うことができます。極論すれば、お金がなくても材料の仕入が可能です。もっとも、必ずどこかの時点(中間または期末)で決済をしなければなりません。

 

言ってみれば、リアル会社に近い状況を作り出しているわけで、資金管理という「見えない部分」のマネジメントも体験することができるのです。

 

私自身MGをやる前までは、とくにCFMGに出会うまでは、なぜ「集金を早くしなければいけないのか」とか、「在庫はどうして減らした方が佳いのか」が分かりませんでした。

 

CFMGをやっておぼろげに分かりかけていたのが、販売会社に出向して経営者として資金管理をやらざるを得なくなり、衝撃的に理解できました。

 

というより、分かっていなければ大変だ!となったわけです。何しろ資金繰りが毎月苦しい会社でしたし、売上債権や買入債務の金額がけっこう大きな会社でしたので。

 

そんなわけで、私に実際の体験も踏まえて、資金管理や資金繰りの大切さとかポイントをこの2日間で、しっかり伝えて参ります。

 

CFMGは神戸での定期開催の他、東京でも年に4回開催しています。また他の地域でも、年に1回各地で開講していただいています。この秋は、東京、伊勢、岐阜で予定しています。

 

ぜひ、企業の血液とも言えるキャッシュ、そのマネジメントを学びにお越し下さい。

« その会議はMQにつながりますか | トップページ | 2018年にセミナーを一緒にやりませんか »

VANちゃんセミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/65741405

この記事へのトラックバック一覧です: 秋風が爽やかなCFMG神戸セミナー:

« その会議はMQにつながりますか | トップページ | 2018年にセミナーを一緒にやりませんか »