« そのプロジェクトはきっと失敗します | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(190) »

文徳天皇もまた悲劇の主だったのか

今上明仁天皇の退位問題が話題になった頃、では摂政をおいてはどうかという意見も一部にはありました。現行皇室典範にも規定が明示されていますが、天皇陛下が希望されていないことで、いつしか話は消えたようです。

 

我が国最初の摂政は、推古天皇御代の厩戸皇子(聖徳太子)だと教科書にも書かれていますが、当時の法律(律令の前身)には摂政の規定はなく、正式な役職ではなかったと思われます。

 

もちろん、厩戸皇子が推古天皇を摂政(天皇に代わって政務を執る)されたことは事実かと思われます。またその後も中大兄皇子や草壁皇子が、摂政たる地位におられたと推定されます。但しその後も令の規定に定められてはいなかったようです。

 

さて、平安の世も進み850年、仁明天皇の譲位により道康親王が即位されます。第55代の文徳天皇です。23歳での即位、母は藤原冬嗣の娘であり藤原良房の妹に当たる順子でした。

 

Photo

即位に先立って第四皇子、惟仁親王が誕生(母は良房の娘明子)し、即位後時を経ずして立太子しました。天皇は第一皇子の惟喬親王を愛され皇太子に望まれていましたが、良房の強い意思を押しのける力はありませんでした。

 

また、天皇は病弱でもありましたので、太政大臣であった良房が朝堂を支配し、実質的に摂政の役割を果たしていたようです。

 

史料の一部には、これをもって良房が「摂政に任命された」とありますが、まだ令の規定に摂政(あるいは関白)の職名はなく、実際に摂政に任じられたのは次代の藤原基経であったと見られます。

 

いずれにしても、実際権力を振るったのは良房であり、文徳天皇は自分の意思を通すこともままならず、悶々とした日々を過ごされたのではないでしょうか。「天皇は政務を見ない」傾向は、この時から強まったとも言われます。

 

そして文徳天皇は最後の意思である譲位を試みますが、良房の圧力はこれを許さず、急な病に崩御されてしまいます(暗殺説もあります)。

 

史上諡に「徳」のついた天皇には、何かしら悲劇の陰があるという方もおられるようですが、もしかしたら文徳天皇もその例にもれなかったのかも知れません。

« そのプロジェクトはきっと失敗します | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(190) »

「歴史と人間」ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/65664461

この記事へのトラックバック一覧です: 文徳天皇もまた悲劇の主だったのか:

« そのプロジェクトはきっと失敗します | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(190) »