« 脳力開発は人間学であり行動科学です(178) | トップページ | 平城天皇を牛耳ったのは悪女だった »

週末から週初めに嵐が吹き荒れました

台風3号、昨日朝長崎市に上陸してそのまま九州を横断、四国から太平洋岸をかすめながら東へ抜けていきました。この時間はもう関東のはるか沖合ですね。

 

新潟県は台風とは直接関係はなかったものの、梅雨前線が刺激されて各地で大雨、避難勧告やら避難準備の呼びかけが多くの地域に出されて大変だったようです。

 

新潟市も警報がずっと出ていて、水はけの悪い低地では道路が浸水したりしていたようです。私の自宅から遠くないところでも、土砂崩れの危険があるとかで、突然警戒情報アラームが鳴り出しました。

 

皆さんのところでは大丈夫でしたか? 何事もなければ幸いでした。

 

ホンモノの台風の来る前には、「小池の嵐」が東京方面に吹き荒れたようです。それにしても専門家とやらの予測ほど当てにならぬものはない、って感じでした。

 

直前に自民党の自滅を促すような出来事が続いたとは言え、ここまでの敗北を誰も予想していませんでしたね。さすがに当初の接戦から、小池新党の勝利予想には変わってきていましたが、自民党議席半減以下とは誰も言っていませんでした。

 

Photo

全てが終わってから、「場合によってはこうなることも考えていた」などという、トンデモ野郎もいたようですが、後出しじゃんけんは不細工極まりないことです。


 
もっとひどいのはアベスガです。国民の批判を真摯に受け止めると口では言っていますが、その後の発言ややろうとしていることは何ですか。猿でもできるハンセイすらしていない、そんな感じですよね。


 
都議選最後の応援演説で圧倒的に「アベやめろ!」とやじられ、その大衆に向かって「こんな人たちに負けない」とやり返したのは、とんでもないですよ。とても一国の首相とは思えない。


 
それをまたスガが「あの発言は問題ない」と記者会見で弁解、いや弁解になどなりようもないですね。おそらく社会部の記者でしょうけど、それをにらみつけるスガの目が印象的。


 
まぁ、かつても都議選惨敗があって、その直後の総選挙でも惨敗して野党に転落という歴史があります。歴史と言っても、まだ8年前ですが。


 
今回は、とても解散総選挙に打って出る勇気はなさそうですが、内閣支持率はどんどん落ち込んでいきそうです。 もっとも国政レベルでは、自民党に変わる受け皿がないのが悲しいですが。


 
応援演説の言い返しを見ると、アベはもしかしたら統合失調症なのかも。昔は精神分裂病とか言っていましたが、そんな感じを受けるのは私だけ?


 
国会答弁でも、時間をオーバーして言いたいことだけを繰り返す。それでもって、質問にはまともに答えていない。どう見てもおかしい。


 
さらには、閉会中審議を外遊中ということで出席しないとか。審議内容によっては、改めて機会を作る、しかしその日程や期限は明示されていない。馬鹿にするのもほどほどにしろよ!


 
まだ逃げ切るつもりなんだ、そんな男にこれからも日本を任せますか。

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(178) | トップページ | 平城天皇を牛耳ったのは悪女だった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/65492366

この記事へのトラックバック一覧です: 週末から週初めに嵐が吹き荒れました:

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(178) | トップページ | 平城天皇を牛耳ったのは悪女だった »