« いつまで学び続けるのですか? | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(178) »

結果が残せるミッションを目指して

伊勢市でのMGセミナーを終えて、東京経由で新潟に戻っています。東京は薄曇りながら夏の太陽も覗いて暑くなりそうですが、新潟は各地で大雨とのこと。鉄道の不通や遅れもあるようで、さて無事に帰り着けますか。
 

今年の梅雨もどうも自然の気紛れに振り回されているようで、伊勢に向かう前日の629日までは新潟ではほとんど雨らしい雨もなく、降り出したと思ったら災害をも伴うような大雨です。
 

一般の人たちも困るでしょうが、何より自然が相手の農家の人たちが大変です。それもこれも、地球温暖化に直接間接の要因があるのだとしたら、もしかしたら「人災」ではないかと思う次第です。トランプなぞのワガママを許すようでは前途が心配です。
 

いや、決してトランプだけではありません。私たち日本人もホントに地球温暖化を懸念し、少しでも防げるような知恵を実行しているかというと、甚だ心許ない状況です。伊勢神宮のおごそかな自然の中で、ふとそんなことも感じました。
 

さてMGセミナーですが、今回の「お伊勢さんMG」でも良い成績を収めることが出来、年初に立てた目標=戦略を達成して終えることができました。
 

1月スタートで半年間に5回のMGに参加し、その全てで表彰状対象の成績を残す。できれば半数以上の「最優秀経営者賞」を獲得する、これが当初の目標でした。その後盛岡でのMG開催が決まり、これにも参加して都合6回になりました。
 

目標(戦略達成)のための戦術は、徹底的に「青チップ(研究開発)にこだわってやる」ことでした。
 

結果としては6回全てで表彰状対象、内5回は最優秀賞をいただきました。十分すぎる結果でした。
 

でもいくつかの反省点もありました。その第一は、徹底的にこだわることに躊躇した場面が少なくとも3回あったことです。幸い安易に自分に妥協することなく、戦略を思い返して進めましたので良しとしましょう。
 T__20170702_15_49_44

第二には、市場の流れを自分から作ることができず、流れのままに任せてしまったことがいくつかあったことです。これも、うまく流れに乗れたことで結果オーライではありましたが、自らマーケットリーダーになるという派生目標に目をつぶった結果になったわけです。
 

そういった反省点、細かく戦術部分ではもっともっとあったのですが、いずれも今後に活かしていけることができるでしょう。
 

ここから先はしばらく自ら参加するセミナーはお休み、主催するあるいは共催していただくセミナーの講師(あるいは伝道師)としての、役割を果たしていくことになります。
 

特にこれからのセミナーでは、初めてMGを体験される方も少なくありません。その人たちにMGの良さ、素晴らしさを知っていただくことに力を入れて参ります。もちろん、経験者の方に伝えるべきことも多々あります。
 

心身共に万全で、与えられたミッションについて結果を残して参りましょう。各地の皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。

« いつまで学び続けるのですか? | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(178) »

VANちゃんセミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/65487692

この記事へのトラックバック一覧です: 結果が残せるミッションを目指して:

« いつまで学び続けるのですか? | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(178) »