« 路面電車は各地でがんばっています | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(181) »

長い遠征旅には宿泊ホテルの選択が不可欠

昨日の夕方、遠征から戻りました。今回は10泊11日の長丁場、新潟をスタートして京都、神戸、そこから九州に新幹線で移動し鹿児島、熊本。さらに東京に空路で移動、青森を回っての日本縦断旅でした。

 

幸い懸念した大雨には遭わずに済みましたが、鹿児島では震度5の地震に遭遇。「あなたが動くと何かあるね」と家族に言われてしまいました。

 

それでも予定したミッションは、地震によって「乗り鉄旅」の1つをキャンセルしただけで、ビジネス予定については無事に完了することができました。キャンセル分も、また近い将来実現できるでしょう、きっと。

 

T_20170711_09

で、その間に定宿も含めて7つのホテルに宿泊しました。勝手の分かっている定宿では、スタッフの女性も顔を覚えてくれていますし、こちらも要領が分かっていますので気が楽です。

 

2つのホテルは2回目あるいは3回目の宿泊でしたが、こちらは可もなく不可もなし。そしてあと4つは初めての宿泊、その内の3つは外国人客が目立っていました。彼らの特徴は朝が早いこと、6時前後には早くも動きを始めています。

 

夜もいささか騒がしいのが難で、運悪く隣の部屋だったりすると(ビジネスホテルは)壁が薄いので、遅くまで悩まされることもあります。幸い今回はそうでもありませんでしたが、ロビーで大荷物の整理をしているのに出くわしたりも。

 

大都市のビジネスホテルが外国人客の急増で、予約が取りにくくなったりしていますが、私の場合は比較的先の予定が決まっているので、「とりあえず」予約を先行して押さえています。

 

ただ、ホテルによっては料金が上がったところもあり、特に週末の金曜土曜は平日の5割増しから倍近い宿泊料にしているところも。これは参りますね。

 

できるだけネットを駆使して、都合の良いところを探すのですが、ただ「口コミ」や評価は余り信用しません。評価については、余り低すぎるところはやはり敬遠しますが。

 

昨今ありがたいのはコインランドリーです。ほとんどのホテルが設置されるようになり、長旅の場合には何回か利用します。今回は2回活用しました。

 

料金は乾燥機も含めて300円か400円、ただ洗剤は自動投入期のところ、備え付けてあるところ、別途フロントなどで買うところとまちまちです。事前情報をチェックしておかねばなりません。

 

また、ホテルによっては洗濯機が1つしか置いていないところもあり、どうしても1回90分前後かかりますので、運が悪いと待たされることもありますので要注意。また、洗濯ネットをいくつか持っていると便利です。

 

朝食は料金に含まれているところ、別途申込のところとこちらもまちまち。多くはバイキングですが、定型朝食ありますので、こちらも要チェックです。パンだけのところもあり、和食好みの方は要注意です。

 

宿はやっぱりゆっくり疲れをとるところ、ベッドや枕を含めて、心身共にリラックスできるところを選びたいですね。

« 路面電車は各地でがんばっています | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(181) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/65545009

この記事へのトラックバック一覧です: 長い遠征旅には宿泊ホテルの選択が不可欠:

« 路面電車は各地でがんばっています | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(181) »