« 脳力開発は人間学であり行動科学です(180) | トップページ | 全部原価があなたの会社をダメにする(その3) »

薬子は本当に悪女だったんだろうか

桓武天皇の後を継いだ平城天皇は、在位わずか3年で退位され、「憧れの都」平城京に移られます。この時、上皇の腹心としてついて行ったのが藤原仲成、薬子の兄妹です。

 

日本三大悪女というと、北条政子、日野富子、淀殿が上げられます(書物によって違いあり)が、この薬子も負けず劣らずの存在だったといわれています。

 

しかし考えてみると、上記の三大悪女といわれている三人ですが、本当に悪女だったんだろうかというとやや疑問が残ります。

 

Photo

北条政子は、夫である頼朝の女好きに辟易していて、例えば愛称の隠れ家を襲わせて壊してしまったとか、有力御家人を滅ぼす裏側で糸を引いていたとか言われますが、少なくとも後者については必要不可欠なことだとも思われます。

 

日野富子は応仁の乱の火付け役であり、乱の起こっている中でも蓄財に精励し、あろうことか東西両軍に戦争資金を貸し付けて利息を取ることまでやっています。しかしこれも、息子可愛さのための資金作りだと言えるわけです。

 

淀殿などは、神君家康を持ち上げるために貶められたとしか思えません。豊臣家(の天下)を必死に守ろうとした女傑であることは疑いのないところです。

 

ということで薬子を見ていきますと、平城天皇の皇太子(安殿親王)時代に不倫の中になり、桓武天皇によっていったん引き裂かれたものの、桓武の死により再び尚侍としてそばに仕えるようになります。(写真はロマンコミックス人物日本の女性史より)

 

平城天皇の寵愛を受けて政治に介入したとありますが、実際の政治を動かしたのは兄である仲成であったでしょう。薬子はそばから口を出し、寝物語に囁いたくらいのことではないかと想像されます。

 

いずれにしても、兄妹が周囲より恨みを買ったことは事実です。旧都に移った上皇は、譲位ししたことを早まったと後悔したのか挽回策に出ますが、弟である嵯峨天皇とその周辺には予想された事態でした。

 

すでに手は打たれており、上皇は薬子とともに逃亡を図りますが阻止され、上皇は剃髪して仏門に入り、薬子は服毒自殺をします。その少し前に仲成は射殺されていました。

 

これが「薬子の変」と言われる事件ですが、これにより藤原式家の凋落が顕著になり、やがて北家の力が伸張していきます。薬子を希代の悪女としたのは、もしかしたら北家・藤原氏の企みだったのかも知れません。

 

真実は闇の中ですが。

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(180) | トップページ | 全部原価があなたの会社をダメにする(その3) »

「歴史と人間」ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/65519925

この記事へのトラックバック一覧です: 薬子は本当に悪女だったんだろうか:

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(180) | トップページ | 全部原価があなたの会社をダメにする(その3) »