« 全部原価があなたの会社をダメにする(その5) | トップページ | 私の「鉄」の原点をつらつら思い出して »

脳力開発は人間学であり行動科学です(182)

コンサルティングのテーマとしては、昨今増えているのが経営理念(企業理念)についてです。時代の変化に合わせて見直しが必要ではないか、という相談が多いのですが、理念(の言葉)が抽象的で分かりにくい、行動に移しにくいという悩みもあるようです。

 
 そう言えば朝礼などでの各社の訓示・指示を聞いていても、抽象的なものが少なくありません。例えば「お客様への気配りを大切に」と言われても、具体的にどのようにするのが良いのか分かりにくい、あるいは社員によって解釈や行動が異なることがあります。
Photo_2
 
 そこで具体的な「行動指針」を作りましょうと提案をしたりしますが、脳力開発8つ目の指針は「行動のつながりで、具体的に考える習慣をつくろう」です。言葉や概念に流されてしまうのではなく、具体的な中身のある行動というカタチにしましょうということです。(写真はスローガンの一例として使わせていただきました)

 
 誤解のないように願いたいのですが、抽象的な言葉や概念が全て悪いとか、意味がないとか、あるいは使うべきではないと言っているわけではありません。言葉がなくては意思を伝えることもできませんし、分かりやすいスローガンも必要です。

 
 要はスローガン的なものだけではいけない、と脳力開発では言っているわけです。具体的な行動にすることによって、誰もが共有できるということなのです。みんなが同じ動きができる、それによって目指すところを実現できるのです。

 
 ですから会社の会議でも、抽象概念や言葉を振り回すだけの会議は意味がありません。目標や目的、方向性すなわち戦略を共有できたら、あとはしっかりと具体的な行動を討論すべきなのです。すぐ実行できる行動例が出てくれば、しめたものです。

« 全部原価があなたの会社をダメにする(その5) | トップページ | 私の「鉄」の原点をつらつら思い出して »

VANちゃんの脳力開発ミニ講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/65554020

この記事へのトラックバック一覧です: 脳力開発は人間学であり行動科学です(182):

« 全部原価があなたの会社をダメにする(その5) | トップページ | 私の「鉄」の原点をつらつら思い出して »