« 脳力開発は人間学であり行動科学です(165) | トップページ | MG研修はなぜ2日間がいいのか »

脳力開発シニア講座を開講しました

昨日、神戸市であたらに企画した脳力開発シニア講座の第1回を開講しました。この講座は隔月開催の3回シリーズで、東京では来月からの開講です。

 

第1回目のテーマは、「自分で主体的に動く姿勢をつくろう」ですが、この3回シリーズでは脳力開発の11指針の中から、精神的姿勢の確立3項目(重要3指針)に絞って開講いたします。

 

午前中はテーマ講義で、昨日は脳力開発についてと、提唱者である城野宏さんについてのお話もさせていただきました。一方的な講義ではなく、できるだけ受講者の皆さんとやりとりをしながら、時にはテキストの読み合わせも行っていきます。

 
昼食をはさんで午後は、FMC(フィンランドメソッドカルタ)を使った自己紹介。このFMCを活用すると、スピーチが苦手だという方も、けっこう伝えたいことを話せるのです。

 
その後はケーススタディのバスセッション、バズとは小鳥のさえずりといった意味で、要するにワイワイガヤガヤの自由ディスカッションです。ブレーンストーミングの少人数版といったところで、今回もかなり盛り上がりました。T__20170519_15_57_54

 
私はごくたまにアドバイスをする程度で、少々方向が違ってこようが、余り口出しはしません。時には実例とは全く違った内容に向かうこともありますが、それもまた良しです。方法(戦術)は一つとは限りませんから。

 
しっかりと現状の事実をつかみ、なぜそうなっているかの要因を表面だけでなく、一歩先までつかんでいただくと、的確な戦術が生み出せるのです。そして今日のテーマである、人任せにしない、自ら動くことをセッションの場で実践していただくのです。

 
最後は私の脳力開発講座オリジナルの、歴史と人間学講座でまとめです。その後、参加いただいた皆さんから今日の感想をスピーチいただき、無事終了しました。

 
今回のシリーズ講座は、11指針の中から最も土台となる3つに絞って、その習慣化を実際に目指していただくのが目的です。つまり行動が基本、学んだことはすぐに使うという実践トレーニングです。

 
また3回シリーズですが、毎回が一つのテーマで完結するようなプログラムですので、2回目、3回目のスポット受講も可能です。東京での開講講座は、まだ全受講のエントリーを受け付けています。

 
自分を変えたい、行動習慣を変えたいと試行錯誤されている方、夢を実現しようとがんばっておられる方も、ぜひこの講座で学び実践していきませんか。

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(165) | トップページ | MG研修はなぜ2日間がいいのか »

VANちゃんのMG・脳開」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/65303665

この記事へのトラックバック一覧です: 脳力開発シニア講座を開講しました:

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(165) | トップページ | MG研修はなぜ2日間がいいのか »