« 脳力開発は人間学であり行動科学です(160) | トップページ | 連休が明けたら一歩を踏み出しませんか »

再び藤原氏が台頭を始める奈良末期

さて、古代最後の女帝・称徳天皇亡き後、光仁天皇が62歳で即位されたことは前回のブログに書きましたが、そこには藤原氏の「陰謀」が隠されていたようです。

 

Photo

この時代の藤原氏は仲麻呂の乱で南家が衰えましたが、他の家は挽回を策しており、中でも北家の藤原永手が次第に台頭してきました。称徳・道鏡政権時代も公卿の筆頭として、じっとチャンスをうかがっていたようです。(写真は光仁天皇陵)

 
しかもバランス感覚に優れた政治家だったようで、北家の繁栄のみならず他の藤原家の主要メンバーも起用するなど、敵を作らないことにも努めていました。これが、いざという時の中央突破に力を発揮します。

 
すなわち、称徳天皇が崩御された際に遺言あるいは類する書面は残されませんでしたので、長老たる吉備真備を中心に合議の上で道鏡を排除し、後継天皇を「遺勅」の形をとって決めることになります。

 
その際に、真備たちは別の後継者を考え、それで合議がまとまったとして話を進めていきますが、肝心の書面を永手らが書き換えたというのです。真偽のほどは分かりませんが、それによって白壁王が即位し、真備らもとくに反論をしていません。

 

いずれにしても光仁天皇はすでに高齢でしたから、次の天皇への中継ぎと誰もが考えていたということで、強いて争うことはなかったものと思われます。

 
しかしその後の裏側では、血なまぐさい動きや事件があったことは、前回も書いたとおりです。その犠牲になったのが、井上皇后でありその子の他戸(おさべ)親王でした。ただ、親王が廃太子後も母皇后と共に平常の都にいたというのは、まだ後継争いに決着がついていなかったことを想像させます。

 
その後の陰謀で母子が都外に遷され、さらに同日に死亡するという事態に至りましたが、この他にも陰惨な事件がいくつか起こりました。後ろで糸を操っていたのは藤原氏であることは定説化されていますが、その中心は式家の藤原百川だと言われています。

 
次回はいよいよ後の桓武天皇、山部王とこの百川とを取り上げてみましょう。

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(160) | トップページ | 連休が明けたら一歩を踏み出しませんか »

「歴史と人間」ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/65225702

この記事へのトラックバック一覧です: 再び藤原氏が台頭を始める奈良末期:

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(160) | トップページ | 連休が明けたら一歩を踏み出しませんか »