« 母の三回忌法要を済ませました。 | トップページ | 長い遠征もミッションはほぼ完璧に完了 »

脳力開発は人間学であり行動科学です(167)

こんなように社内改革・イノベーションを推進していったわけですが、もちろん順調にいったわけではなく、いくつかの紆余曲折があり、時には失敗もありました。それでも全般的には目指す方向に推移できたのは、まさに社員たちの努力のたまものでした。

 
 現場の実務ではMGによる共通意識と交通言語、そしてマイツール(PC)の活用が効果をもたらしましたが、その推進力になったのは脳力開発の指針でした。指針を意識し、行動を見直し、実践していったからこそ効果を生んでいくことができたのです。

 
 では、その指針を今一度一つずつおさらいしていくことにしましょう。その一は「自分で主体的にやる姿勢をつくろう」です。脳力開発は対比思考ですので、反対側から見れば「人頼りの姿勢をやめよう」となります。201302 (イラストは「人頼りの姿勢」のイメージ)

 
 では「人頼りの姿勢」とはなにか、いうまでもなく結果の原因を自分以外に求める姿勢のことです。他人はもちろんのこと、使っているものや、果ては天気にまで原因を求めます。そして、決して自分のせいではないと思い、主張し続けます。

 
 ではそれらが全部自分の思い通りに整っておれば、何もかにもうまくいくのでしょうか。ハッキリ言って、それは保証の限りではありませんが、当の本人はうまくいけば満足し、いかなければさらに不足不満を言いつのることでしょう。

 
 表面に現れる行動は、相手(自分以外)のせいにして、その相手をバカにするか八つ当たりする。うまくいかないから、思い通りにいかないからため息をついてグチを言う、不平を言う。ではそうしていたら、物事は解決方向に向かうのでしょうか。

« 母の三回忌法要を済ませました。 | トップページ | 長い遠征もミッションはほぼ完璧に完了 »

VANちゃんの脳力開発ミニ講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/65325569

この記事へのトラックバック一覧です: 脳力開発は人間学であり行動科学です(167):

« 母の三回忌法要を済ませました。 | トップページ | 長い遠征もミッションはほぼ完璧に完了 »