« MGは成績より期数、期数より交流、交流から向上へ | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(158) »

福島県の浪江町に向かっています

昨日までの軽井沢MG、ほぼイメージ通りのゲーム展開ができて、今年28期目を終了、通算の期数も1250期を超えました。「成績より期数」だが、やる限りは全力を尽くす、それが他のメンバーへの礼儀だとも思っています。
 

昨日は佐久平駅前での打ち上げ後、上野まで達して宿泊。やはり疲れが出たのか、ぐっすり休んで朝5時過ぎの起床となりました。今日はMG仲間のまじゅろさんの提案で、福島県の20170424_8_35_14_3 浪江町の現状を見に行くツアーに参加することになり、特急でいわきに向かっています。
 

浪江町には、まじゅろさんが仕事とした水の浄化装置が完成しており、その見学を主体に大震災後6年余り経った町が「実はどうなっているのか」を肌で感じてきます。町役場の方にもご案内いただけるようで、現場の本当の様子もお聞きします。
 

幸い天気は良さそうで、東京出発時は雲がやや多めでしたが、常磐線を北に向かうにつれて青空も次第に広がってきました。いわき駅到着後はレンタカーで現地に向かう予定です。
 

常磐線乗車も久しぶりで、E657系に乗車するのも実は初めてです。筑波山を左に観ながら春と言うより、初夏の趣の田園地帯を快走しています。あちこちで田の代掻きをやっているのが見えています。
 

それはさておき、私たちは震災地のことをどれだけ知っているでしょうか。先週木曜日には、ある方の講演の中で、当時の状況と今日の様子をビデオとスライドで拝見しました。岩手県の大槌町でした。自分は何も知らないということに、申し訳ない思いでした。
 

福島県の浪江町も、現役時代に取引のあった地元のお店を取材に訪れたことがありました。気にはかかっていましたが、どうすることもできず、ただ知らないということはそれだけで「いけないことなのだ」と思います。今日現地に足を踏み入れることは、私にとってすごく意味のあることです。
 

新潟県中越地震から今年10月で13年、私自身も大きな揺れと避難を体験し、旧山古志村では全村避難という出来事もありましたが、おそらく地元の人を除いては記憶に殆どないのではないでしょうか。
 

東日本大震災も、節目の日には報道も増えますが、日常で目にしたり感じたりできることは少なくなりました。福島県の原発と津波の被災地では、帰還が始まっていますが、その真実は断片的にしか伝わってきません。

 
浪江町もその一つです。ほんの一部しか観られませんが、肌で真実を観て参ります。

« MGは成績より期数、期数より交流、交流から向上へ | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(158) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/65190578

この記事へのトラックバック一覧です: 福島県の浪江町に向かっています:

« MGは成績より期数、期数より交流、交流から向上へ | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(158) »