« 行き詰まりの原因はお客様離れに過ぎない | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(159) »

歴史閑話休題徒然に

古代史シリーズを月に3~4回連載していますが、飛鳥時代の推古天皇あたりからスタートして、奈良時代の終盤にさしかかっています。次回には、平安時代の幕開きを担った桓武Photo_3 天皇(山部王)が登場する予定です。

 

平安京への遷都が794年、その10年前に長岡京への遷都が実行されていますので、平城京時代は僅か70年余りで終わることになります。

 

この時代区分は、奈良時代すなわち平城京時代から明確になるわけですが、長岡京は未完成のままでしたから「長岡時代」とは呼ばれず、奈良時代の終焉期と位置づけられます。

 

飛鳥時代は宮城地が天皇によって変遷することが多かったのですが、天智天皇(と弘文天皇)は近江京を都としました。平城京につながる中国式の都城となったのは藤原京ですが、その建物の資材の多くは平城京建設に用いられます。

 

平安時代は、鎌倉に幕府が開かれるまでと位置づけられますが、天皇の住まいするところということであれば、明治初年まで続いていることになります。もっとも南朝が正統であるなら、一時吉野に都が遷都されていたことにはなりますが。

 

時代区分で不思議なのは「安土桃山時代」です。武家政権の時代区分は、幕府の置かれたところという位置づけで、鎌倉時代、室町時代、そして江戸時代と呼ばれますが、安土桃山時代、ことに「桃山」とは?

 

安土はほぼ全国支配に近づいた信長が居城としたところですので、時代の名前になってもおかしくはありませんが、桃山城はありません。桃山時代とは豊臣秀吉政権の時代であるわけですが、その居城は大坂であり京都・伏見です。

 

よって「織豊時代」と呼ぶのが最も正確なところと言えますが、では一体『桃山』とは何でしょうか。実は、桃山は江戸時代に入ってから名付けられました。すなわち、伏見城の跡地に桃の木を植えたことにより、その地が桃山と呼ばれたそうです。

 

ちなみに大坂城といえば秀吉がすぐに連想されますが、秀吉は関白になるとすぐに京都の聚楽第に移り政務を執りますし、秀次に関白を譲ってからは伏見を居城としていますから、大坂にて政務を執った期間は極めて短いのです。

 

また鎌倉時代がいつ始まったのかということも、何度か変わってきています。私たちの頃までは、「イイクニ作ろう」ということで1192年と覚えさせられましたが、最近は1185年説(または1183年説)が有力になっています。

 

そういえば、鎌倉時代初代将軍源頼朝の肖像画も、かつて教科書に載っていたのはどうも足利直義(尊氏の弟)らしいというのが定説です。

 

歴史は時代の変遷と共に、また新たな史料発見とともに変化しています。つい最近では、教科書に聖徳太子とは記述せずに厩戸皇子とすると決まりかけ、反対が多くて元に戻すというようなこともありました。

 

おそらく今後も、そういったことがいくつも起こってくることでしょう。ただ、少なくともその時代の為政者の都合で変えられることのないように、願いたいものです。

« 行き詰まりの原因はお客様離れに過ぎない | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(159) »

「歴史と人間」ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/65201246

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史閑話休題徒然に:

« 行き詰まりの原因はお客様離れに過ぎない | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(159) »