« 早春の飯山線を川の流れに遡行して | トップページ | 福島県の浪江町に向かっています »

MGは成績より期数、期数より交流、交流から向上へ

一昨日降り立った佐久平の駅周辺では、桜が満開でした。そこからマイクロバスに揺られて蓼科山麓に向かうと、途中の桜は五分咲きから三分咲き、そして着いた春日温泉の桜はまだつぼみでした。

 

その桜が今朝にはもうほころびてチラホラ咲き、夕方帰る頃にはかなり咲き始めていることでしょう。桜並木の上に少し噴煙を上げる浅間山が、青空に映えると良いのですが。

 

さて一昨日の夜から軽井沢MGに参加、前泊組での前夜祭(MGではこれを0.5期と呼んでいます)から始まり、充実の時間を送っています。

 

軽井沢でもないのに軽井沢MG? かつては軽井沢町の浅間山麓にある研修所で始まり、現在の会場に移ってからも16年間ずっと続けられています。今回が第31回目。

 

セミナー名を変えないのも、軽井沢MGを始めた2人の思いがこもっているからです。その120170422_mg1_2 人、山崎進さんは帰らぬ人になってしまって久しいですが、今回も会場のどこかで私たちを見守っていてくれています。

 

笑顔がとっても似合う人でした。豪快でありながら、どこか繊細で気遣いの人でした。私も何度も励まされ、なぜかくじけそうになっているタイミングで電話がかかってきたりしていました。

 

そんな「山ちゃん」に逢うために、可能な限りこのセミナーには通ってきていますし、これからもそうです。ここにくると、「MGは成績より期数、期数より交流、交流から向上へ」という言葉を強く実感します。

 
今日2日目、山ちゃんに「何やってんだ」と言われないように、エンジン全開でいくことにしましょう。

« 早春の飯山線を川の流れに遡行して | トップページ | 福島県の浪江町に向かっています »

VANちゃんのMG・脳開」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/65185340

この記事へのトラックバック一覧です: MGは成績より期数、期数より交流、交流から向上へ:

« 早春の飯山線を川の流れに遡行して | トップページ | 福島県の浪江町に向かっています »