« その情報はマネジメントに使えますか? | トップページ | ついに天武天皇の皇統が途絶えた »

脳力開発は人間学であり行動科学です(156)

私も早速、ある朝状況を観察に出かけました。じっくり眺めてみて、確かにこれは困った状況になってしまっているなと感じました。一番は、周りが新人A君を当てにすることなく、それどころか存在を無視しているようになりつつあるなと感じたのです。

 
 社長も「どうにかなりませんか」というだけで、お手上げのようでした。どうにかしたいよね、と私は言いました。もちろんですよと社長。ならば善は急げです。早速、処方箋を書いてあPhoto_2 げることにしたわけですが、その内容に社長はびっくり。

 
 まずは「彼がよくなるのであれば、君は何でもやるな」と社長に念を押しました。ハイ、できるだけと答えますので、「それじゃダメだ、ゼッタイに何でもやるのでなければ」と言いましたら、分かりましたとの答です。さて、処方箋です。その内容はこうです。

 
 これから会社にいる時は毎日、彼(新人君)が出社してきたら、遅刻していてもそれをとがめずに、君の方から(社長から先に)「おはようございます」と頭を下げて挨拶をすることを、励行しなさいと。

 
 ええっ!?と社長は絶句しました。私の方からやるんですか、そんなことをと言うので、そうだよと答えました。いやぁ、それはできませんと言うので、やりもしないで頭からできませんと言っているんじゃダメだねと突き放しました。

 
 煮え切らない返事が続くので、じゃぁもう君の会社の相談事は受けないよと言いましたら、「分かりました、やってみます」と社長。さて、翌日から・・・ではなく、彼が実際に始めたのはそれから数日経ってからだと、後から社員が言っていました。

« その情報はマネジメントに使えますか? | トップページ | ついに天武天皇の皇統が途絶えた »

VANちゃんの脳力開発ミニ講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/65160877

この記事へのトラックバック一覧です: 脳力開発は人間学であり行動科学です(156):

« その情報はマネジメントに使えますか? | トップページ | ついに天武天皇の皇統が途絶えた »