« 国が自然死しても蠢き回るモノ | トップページ | 平成の薩長土肥連合なるものにもの申す »

社長の座を誰かに譲られた方が良い

年度末、決算期に向けてラストスパートです。決算を迎えられる会社は、最終結果が気になるところで、「あと少し」という思いでハッパをかけられている経営者もいらっしゃいますね。

 

ところで「あと少し」どうするのでしょう?残り10日あまりでやれそうなことも、極めて限られていると思うのですが。売上上げろ!でしょうか、利益を確保しろというのでしょうか、それとも何をがんばるのでしょう。

 

おそらくハッパをかけられた現場の社員さんにとっては、もうやるべきことは全部やったよ、この上に何をやったらいいのと思っていなければいいのですが。以前にも言いましたが、そのために「やってはいけないこと」をやらないといいのですが。

 

つまり、無理に形だけの「売上を作る」とか、例えば製造会社では材料をたくさん仕入れて、工場に仕掛品を山積みすると「利益が上がる」のですが、まさかそんな手立ては講じていないでしょうね。

 

利益の出ている会社では、税金を払いたくないということで、無理矢理在庫処分をしてみたり、まさかそんなことはないと思いますが機械や車や工具備品を壊してみたり。

 

皆さんの会社ではそんなことはやらないことと信じておりますが。

 

ところで、会社の皆さんは決算末の時点での、やはりPL(損益計算書)を意識されていますか。当然に利益、とくに経常利益や最終(当期)利益を頭に置かれていれば、そういうことでしょうね。

 

でも、それと同じくらいBS(貸借対照表)も意識してほしいものです。一言で言えば、『美しいBS』を目指してほしいのです。それは、流動比率や当座比率と言った諸比率がどうのこうのではなく、まさに「見た目がきれい」だということです。

 

バランスが良い、突出したイレギュラーがない、隠れているものがない。誰が見ても、「良い会社だなぁ」と感じられる数字の並び。並んでいる数字が、自ずと語りかけてくれるような、そんな感覚です。

 

BSが美しければ、PLも必然的に良くなります。どんなに着飾ってみても本質が隠せないように、美しくないBSだと取り繕ったPLにしかなりません。

 

ところが経営者の方は、PLはうっとり眺めても、BSをしっかりと見つめることが余りないようです。というより、BSは苦手だ、わけが分からないと感じてはおられませんか。

 
あ、あわてて「教科書」など買いに行かなくてもいいですよ。買って来て眺めてみても、どうせ分かりっこありませんから。お金を無駄に捨てるだけです。税理士さんに聞かれても、諸比率の説明をしてくれるだけですし。

 
まずは穴の開くほど眺めてください、可能であれば3年分を横並びにして。そこから何も見えてこなかったら、社長の座を誰かに譲られた方が良いでしょう。

 
そして、できればMG(MQ戦略ゲーム)を20~30期、しばらく集中してやってみることです。今からでも遅くありませんよ。

« 国が自然死しても蠢き回るモノ | トップページ | 平成の薩長土肥連合なるものにもの申す »

小さな会社のマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/65030141

この記事へのトラックバック一覧です: 社長の座を誰かに譲られた方が良い:

« 国が自然死しても蠢き回るモノ | トップページ | 平成の薩長土肥連合なるものにもの申す »