« 経営者には簿記3級が必須条件だ | トップページ | 遠征に備え本日は休養日にします »

謙譲の美徳なんてありえないもの

この土日は福井市で、西研・福井MGに参加しています。来週も、青森県八戸市で開催されるMGセミナー(うみねこMG)に参加の予定です。実は、今年いっぱいのセミナー(MG)参加予定は、ほぼ全てスケジューリング済みです。

 

そんな先の予定まで良く決められますね、と感心される方がいらっしゃいますが、私などは大したことはなく、3年先までのスケジュールをすでに書き込んでいる方も知っています。T__20170325_16_33_38

 

どうなるか分からない先の予定など決められませんよ、とおっしゃる方もおられます。だからこそ決めるんですよと言うと、目を丸くされます。おそらく、そうおっしゃる方は「どうですか、一緒に行きませんか」と誘うと、色んな答え方で言葉を濁されます。

 

私だって、先の予定を決めて手帳やスマホのスケジュールなどに書き込んでいますが、変更されることも多くはありませんが、いくつかはあります。でも書き込んでおくことで、他の予定との調整もできますし、予定実現のために事前にやることが明確になります。

 

セミナーにお誘いすると、そんな先の予定まで決められませんよと言われる方も。でもそういう方って、目前の予定に対しても、なかなか決められないようですよ。むしろ、先々の予定だから決められる、少なくとも入れておくことができるものです。

 

半年先の予定、もうすでに前後左右ともに埋まってしまっていてどうしようもない、まさか売れっ子タレントさんでもなければ、滅多にいらっしゃいませんよね。

 

直前のお誘いであれば、そこはもう別のスケジュールが入っていてなどとお断りされることも、さもありなんだなと思いますが、半年も1年も先の予定に対しても、同じような姿勢。つまりは、(セミナーに)参加したくないんだなと「顔に書いて」ありますよ。

 

もっともそういう人でも、大好きなゴルフに誘われたら、どうにかして出られないかと頭を巡らせ、すでに入っている予定をずらすなどの調整を試みるのでは。

 

スケジュールを決めることが戦略なのだ、と私の師は常におっしゃいます。つまり、自分にとって何(どんな学びと交流)が必要なのか、それが分かっているから先々の予定も次々に決めていける。

 

ですから、行きたくないお誘いはハッキリとその場でお断りします。日本人はYESかNOを明確にしないことが美徳のように思うことが多いようですが、私はそれはむしろ相手に対し非礼であると考えています。

 
まぁ、いずれにしても予定はどんどん決めていきましょう。

« 経営者には簿記3級が必須条件だ | トップページ | 遠征に備え本日は休養日にします »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/65062862

この記事へのトラックバック一覧です: 謙譲の美徳なんてありえないもの:

« 経営者には簿記3級が必須条件だ | トップページ | 遠征に備え本日は休養日にします »