« 脳力開発は人間学であり行動科学です(148) | トップページ | 一昨日の心に残るイベント »

藤原仲麻呂と孝謙上皇・道鏡との権力闘争

孝謙天皇が譲位され、後を継がれた淳仁天皇は、皇太子時代は大炊王と称されておりました。舎人親王のお子様ですから、天武天皇の孫になります。

 

問題は大炊王が、ずっと藤原仲麻呂と強く結びついておられたことでした。仲麻呂の長男が病死した後、その未亡人を娶られ、しかも仲麻呂邸にずっと住んでおられました。言い方は悪いですが、仲麻呂の操り人形的な存在でした。

 

とにかく仲麻呂の言いなりであり、例えば官名を唐風に改めたり、新羅遠征(実現しませんでしたが)を認めたり、さらには銅銭鋳造を認め兵の徴集も許しています。仲麻呂の権力はますます大きくなり、同じ藤原氏の中でも他家とは大きな格差がついていきます。

 
ついに仲麻呂は太政大臣(大師)に任じられますが、そんな中で光明皇太后が逝去されます。これがある意味、最大権勢の陰りのきっかけになったのかも知れません。そして次第Photo に孝謙上皇の存在が大きくなっていきます。

 
上皇との間を取り持っていた、正室を失ったことも痛手であったようです。上皇の元で看病禅師となった弓削道鏡が、寵愛を受けて勢力を伸ばし始めました。焦った仲麻呂は、息子たちや娘婿を立て続けに参議に任じますが、これがまた周囲の反感を買います。

 
さらには淳仁天皇にけしかけ、上皇を誹謗するような意見を奏上させますが、これが上皇の怒りを買います。結果、天皇の大権はほとんど取り上げられてしまい、上皇・道鏡側に権力基盤が移動してしまいます。

 
後世に言われるように、上皇と道鏡の間に男女の関係があったかどうかは分かりません。それをいうなら、仲麻呂との間はどうだったかという、低レベルの言い争いになってしまうでしょう。どちらもなかったとは断定できない、というところでしょうか。

 
そして仲麻呂は軍の掌握を意図しますが、これは上皇側に先手を打たれてしまい、ついに平城京から脱出して兵を挙げます。藤原仲麻呂の乱の始まりです。

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(148) | トップページ | 一昨日の心に残るイベント »

「歴史と人間」ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/65041821

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原仲麻呂と孝謙上皇・道鏡との権力闘争:

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(148) | トップページ | 一昨日の心に残るイベント »