« 桂経営戦略経営実践講座・MGセミナー | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(147) »

「女帝の逆襲」が始まる前夜

藤原仲麻呂、一言で言い表せば「えげつない」男であったようです。それだけの力を備えていたことも事実ですし、光明皇后の甥であり信頼されているという立場を、最大限に利用して大臣(左右大臣)と同等の権力を手に入れます。

 

さらに聖武天皇が譲位し、孝謙天皇が即位すると、女帝は母である光明皇太后に頭が上がらず、皇太后の傘の下で仲麻呂の権勢はさらに強まります。

 

聖武上皇は遺言で、女帝の皇太子に道祖(ふなど)王を立てるよう指示し立太子はしたものの、仲麻呂の策略で廃され、仲麻呂の邸宅に居候していた大炊(おおい)王が皇太子となります。後に淳仁天皇として即位される方です。

 
それに強く反発したのが、橘諸兄の息子であった橘奈良麻呂でした。反対勢力と密議を繰り返しチャンスを待っていましたが、裏切り・密告により一斉に捕縛されてしまいます。このPhoto あたり、奈良麻呂も脇が甘かったと言えます。

 
しかし、当初は皇太后が仲介に入り、孝謙女帝も「死一等を減ず」として流罪にするよう勧告したのですが、仲麻呂はそれを無視してついに謀反に加担した一統を獄死させてしまうのです。一説には杖で打ちのめし、撲死させたと言われています。

 
こうして政敵を一網打尽にした仲麻呂は、名実ともに中央政庁のトップに立ちます。そして女帝に譲位を促し、淳仁天皇が即位します。さらには「恵美押勝」という姓名をいただき、得意は絶頂です。

 
しかし、この状況が仲麻呂のてっぺんであり、ここから一気に滑り落ちることになるとは、彼自身も予期していなかったでしょう。淳仁天皇は傀儡ともいえる存在で、ほぼ全ての実権を仲麻呂は握りました。だがそこに、油断があったのでしょう。

 
その発信源は譲位した女帝でした。まさに「女帝の逆襲」が始まったのです。

« 桂経営戦略経営実践講座・MGセミナー | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(147) »

「歴史と人間」ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/65019847

この記事へのトラックバック一覧です: 「女帝の逆襲」が始まる前夜:

« 桂経営戦略経営実践講座・MGセミナー | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(147) »