« 藤原仲麻呂と孝謙上皇・道鏡との権力闘争 | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(149) »

一昨日の心に残るイベント

一昨日は雨の中を東京へ、法政大学の市ヶ谷キャンパスで開催された、「第7回日本でいちばん大切にしたい会社大賞」アワードに参加してきました。

 

昨年秋に入会させていただいた、人を大切にする経営学会が主催するイベントで、会長でもある坂本光司先生(法政大学大学院教授)の著書でも知られています。この日は全国から、700名を超える方々が参加されたようでした。

 

実は法政大学のキャンパスに来るのは初めてで、外堀に沿った市ヶ谷キャンパスにはそろそろ桜の花もチラホラ見えていましたが、冷たい雨はちょっとザンネン。

 

市ヶ谷と言えば、かつてはMGシーガル立ちが集う「西の会忘年会」が、私学会館を会場に毎年開かれていて、私も何度か参加したことを思い出しました。

 

今回の表彰式では、経産大臣賞、厚労大臣賞ほか17社が表彰され、大賞の4社からはそれぞれの企業紹介もありました。表彰のハードルは非常に高く、日本にある数百万社の中でも大賞となれるのはホントに一握り、だからこそ価値があるのでしょう。

 

人(社員)を大切にする、その一つの表れが人財教育ということもよく分かります。かける費用もさることながら、時間をしっかりかけていることがポイントです。たとえば全労働時間の5%あるいは10%を教育に費やしています。私の仕事に対しても、エールをいただいた感じです。

 

しかしこれまでに80社以上が表彰され、坂本先生の著書でも紹介されていますが、企業として本当にやるべきことを、愚直に、経営者も社員さんも一緒になって地道に取り組んでおられる、そういうことだということが感じられます。

 

それらの企業に共通していることは、当然に業績がよいことはもちろんですが、会社の中にも地域にも笑顔がみなぎっていて、そしてご家族には子供も多いのだそうです。高齢者20170321_5 や障害者の方も、ニコニコ働いている。

 

日本中の企業がそうなってほしいという願いは難しいとしても、1%がそうなってくれるとざっと4万社ですから、世の中が素晴らしく変わってくるでしょうね。夢かも知れませんが、私も夢を心に刻んで、クライアントのサポートをしていこうと思います。

 

当日の記念講演は安倍昭恵さんでした。考え方、やろうとされていること、やっておられること、賛同できることや頷けることも多々ありました。様々な意見や批判も、まっすぐに受けていらっしゃるように感じました。

 

帰りの列車時間の関係で、懇親会の途中で退座したのがとっても残念でした。

« 藤原仲麻呂と孝謙上皇・道鏡との権力闘争 | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(149) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/65050810

この記事へのトラックバック一覧です: 一昨日の心に残るイベント:

« 藤原仲麻呂と孝謙上皇・道鏡との権力闘争 | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(149) »