« 強い意識を持てる方だけ対象のセミナー | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(139) »

いつの時代も「変化の時代」なのだけど

世の中が、「変化の時代」あるいは「大変化の時代」などと呼ばれるようになったのは、さていつ頃からでしょうか。

 
おそらく人によってまちまちでしょう。蛮勇をもって私が思うには、それは人類発生の頃からではないでしょうか。つまりは人類史は常に「変化の時代」であったと。

 
ただ、その変化の中身がその時代によって違うわけで、つまりはその以前と変わっていくよということを「変化の時代」と呼んでいるものだと思うのです。

 
よって、何をあたふたしているんだというのが私の意見です。いつの時代であっても、昨日と今日とは違う、明日はさらにもっと違ってくる、それだけのことではないですか。

 
そして、人はいつの時代もちゃんと変化に対応してきました。対応してきたからこそ、今も地球上に存在しているわけですから。対応できなかった、例えば恐竜は滅びてしまったではないですか。

 
ただ、あなたが、あるいはあなたの会社が「恐竜」にならないという保証はどこにもありません。明日は我が身、ということが現実目の前にあるということも確かなことです。

 
よって変化の時代をどうやっていきぬくのか、どう対応していけばいいのかということを書いた本が売れています。時代によって内容は異なっても、至極当たり前のことが書き並べられています。

 
たとえば、最近めくった本の中には次のようなことが書かれていました。(だれかに話したくなる小さな会社」 浜口隆則・村尾隆介著 かんき出版 より引用)
 
Photo ■変化の時代のポイント
 1.商品の短命化
    ・会社全体のブランド化が重要な要素
 2.商品・サービスレベルの向上と飽和
    ・「いつものやつ」として選ばれるか
 3.マス市場の消滅
    ・専門性とユニークさ、少数対象も可
 4.人口の減少
    ・リピート率の向上
 5.価格競争
    ・価値を上げる発想/商品価値公式
 6.情報化とグローバル化
    ・プル型の情報発信/発見されやすさ
 7.労働市場の流動化
    ・良い人材を獲得できるチャンス

 
これが正しいとか、良いとか、そういう話ではありません。あなたは、あなたの会社はこういったことに対応していっていますか?という話です。

 
考えていなかったでは、もはやすまない問題です、論外と言えます。考えています、という答でも心配になりますね。既にやっています、行動しています、でなくてはいけません。

 
あなたは大丈夫ですか? あなたの会社は大丈夫ですか?

« 強い意識を持てる方だけ対象のセミナー | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(139) »

小さな会社のマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64899897

この記事へのトラックバック一覧です: いつの時代も「変化の時代」なのだけど:

« 強い意識を持てる方だけ対象のセミナー | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(139) »