« 脳力開発は人間学であり行動科学です(137) | トップページ | 「士業」者よ、もっとしっかり学びなさい »

病に罹らないことが大事なのだけど

今週は体調を狂わせてしまった。風邪を引いたということだが、「風邪」は病名ではないので、おそらく上気道炎とか気管支炎というべきなのだろう。

 

幸いに検査の結果インフルエンザではなかった。体がだるかったり、節々に痛みを感じていたのでもしかしたらと案じたが、陰性と言われてほっとした。ちなみに、予防注射は秋11月に受けていた。

 

水曜日に、とある薬を処方いただいている内科医に診てもらい、薬をいただいたが、そのPhoto 中には抗生物質もあった。ということは細菌性の「風邪」症状ということなのだろう。

 

その薬のせいだとは言えないが、体温が平熱よりも下がってしまっている。常は36.5度±0.1度くらいなのだが、しばらく36度ジャストが続いていた。

 

症状が出た火曜日には37.6度あったので体がだるかったのだが、体が冷えすぎてもだるさを感じるものらしい。血圧も普段より下がった状態だ(もちろん正常の範囲内だが)。

 

ふだん、余り病気になることがないので、こうやって(常備薬以外の)薬の厄介になるとどうも効きすぎるらしい。と言って、自分の判断でやめるわけにもいかないので厄介だ。

 

まぁ、だるさを感じなくなったら、最低限抗生物質薬だけはやめることにして、金曜日で打ち切った。幸いに、それ以降は次第に体調が戻ってきているようだ。

 

何しろ、体が資本のしかも「1馬力」の仕事なので、正常な体調を保つことが第一だ。来週後半からは、今月の長い遠征が始まる。その時にはピークにもっていくことが肝心だ。

 

それまで1週間、徐々にセットアップしていくことにしよう。焦ってはいけない、気持ちだけ先走ってもいいことはない。

 

病を得ると教えられることが多いなぁ。むろん、病に罹らないことが大事なのだけど。

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(137) | トップページ | 「士業」者よ、もっとしっかり学びなさい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64871813

この記事へのトラックバック一覧です: 病に罹らないことが大事なのだけど:

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(137) | トップページ | 「士業」者よ、もっとしっかり学びなさい »