« 脳力開発は人間学であり行動科学です(139) | トップページ | 佳い波動に満ちている第2回スワールMG »

大仏建立の裏側で政権抗争が激化する

母も正妻も藤原不比等の子であるという、文字通り「藤原の子」であった聖武天皇の心の変化について、前回のコラムでお話ししました。

 

それは、永く引き離されて会うことのなかった母・宮子との再会が、大きなきっかけでした。精神の病に幽閉されていたらしい宮子と、天皇が出会ったのは実は光明皇后の邸であり、そこは不比等から譲られたものだったそうです。

 

すなわち、この邂逅を演出したのはどうも皇后であるように思われます。そういえば、皇后は聖武天皇の放浪ともいえる遷都行幸にずっと寄り添い、しかもその間大仏建立という大事業の意思決定に、背中を押されたようです。

 

天皇以上に「藤原の子」であった光明皇后も、またそこからの脱皮を図られたようです。不比等の娘であること以上に、橘三千代の子であることを意識し始めたのかも知れないということでした。

 

そんな中で大仏の製作が始まり、そこに膨大な費用と労役が投じられます。それに対するPhoto_2 庶民の怨嗟の声も上がったようですが、天皇は大仏の法力によって平和と安寧を実現したいという、強い思いを持たれていたようです。

 

しかし、大仏開眼の時には天皇はすでに譲位をされていました。開眼法要は752年の春、その3年前に皇太子である阿倍内親王に皇位を譲られたのです。

 
阿倍内親王あらため孝謙天皇は御年31歳、20歳で立太子されましたが、史上初の女性皇太子でした。ですが、それが故に生涯独身でなければならないという運命を背負うことになられたのです。

 
一方で、天武天皇直系の男系はここで途絶えることになりました。

 
さて、大仏開眼の裏側では、朝堂の権力者が入れ替わり始めていました。藤原4兄弟が天然痘で倒れた後で権力を握ったのは、橘三千代の子であり光明皇后の異母兄だった橘諸兄でした。

 
吉備真備や僧玄昉たちが周囲を固め、諸兄政権は盤石のように思えましたが、老いが彼らを政治の中心から去ることを命じます。それに代わって再び台頭してきたのが藤原氏、なかんずく南家の藤原仲麻呂でした。

 
仲麻呂は不比等の子であった武智麻呂の次男、叔母に当たる光明皇后に取り入り、その基盤を利用することで一気に地位を高めていきます。

 
そしてついに、諸兄政権を倒して朝堂のトップに躍り出てくるのです。次回はその仲麻呂の盛衰を中心に。

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(139) | トップページ | 佳い波動に満ちている第2回スワールMG »

「歴史と人間」ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64901221

この記事へのトラックバック一覧です: 大仏建立の裏側で政権抗争が激化する:

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(139) | トップページ | 佳い波動に満ちている第2回スワールMG »