« 年賀はがきのあと始末はどうする? | トップページ | 個人事業の方は青色申告にしていますか? »

恵方巻は伝統的行事ではない?

昨日は立春、暦の上では春ですが北国の春はまだまだ先のようです。それでも、青空の雰囲気は気のせいか柔らかになったようにも感じます。

 

その1日前、つまり一昨日が「季節を分ける」節分でした。節分は本来各季節にあるわけですが、昨今は初春前だけがクローズアップされて、節分と言えばこの日という感じにいるようです。

 

で、節分と言えば豆まきと恵方巻に代表されます。豆まきは古代中国から伝わったそうですが、平安時代頃から一般的になってきたようです。かつては弓矢で邪気をはらっていたのですが、いつしか大豆を蒔くようになったとか。

 

鬼というのは邪気の象徴であり、大豆は「生命(力)」の象徴らしいですね。しかも炒り豆に限りますが、これは生豆だと拾い忘れた時に芽が出てくるのは縁起が悪いのだそうです。

 

豆まきはこのように古代日本で行われてきた伝統行事ですが、もう一つの恵方巻の方はPhoto ハッキリしません。諸説ありますが、関西方面から始まったことは間違いないようです。

 

しかしいつ頃始まったのか、どこから始まったのか、どうもはっきりしません。ちなみに私は大阪生まれの大阪育ちですが、大学卒業の頃まで恵方巻を知りませんでした。少なくとも我が家では、伝統行事ではなかったようです。

 

一説には、江戸時代の末期に浪花の商人たち、とくに船場商人たちの間で縁起担ぎという形で始まったということですが、確証はありません。

 

商家の旦那衆がお茶屋で芸者と遊ぶ際に、太巻きを芸者衆に咥えさせたナンていう話もありますが、これは俗説としか思えません。そういうお遊びもしたかもしれませんが。

 

それでも、80年代頃から大阪や京都方面では、「丸かじり寿司」として一般家庭でも食べ始めたようです。それが恵方巻という名で全国に広がったのは、セブンイレブンの商略でした。1998年だと記録されています。

 

また一説には、海苔業界の拡販戦術だったとも。いずれにしてもあっという間に大流行になったのは、バレンタインのチョコレートとか、昨今ではハローインのお祭りなどと同根でしょう。日本人はノリやすいということ。

 

今年は(もちろん何年も前からあったのでしょうが)、スーパーやコンビニチェーンなどで店員たちに「ノルマを課す」ことが問題になりました。販売数目標を設定するのは悪くはありませんが、それをバイトも含めて従業員に押し付けるのはねぇ。

 

私の友人の間では、「今年はもうやめた」などという声も聴かれました。中には1本2千円を超えるような「豪華な」恵方巻もあるとか、味わって食べる、感謝していただくという食の心に反すると思いますがね。

 

ま、私はいただきましたが、安い丸かじり太巻きを。

« 年賀はがきのあと始末はどうする? | トップページ | 個人事業の方は青色申告にしていますか? »

VANちゃん怒ってます」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64848766

この記事へのトラックバック一覧です: 恵方巻は伝統的行事ではない?:

« 年賀はがきのあと始末はどうする? | トップページ | 個人事業の方は青色申告にしていますか? »