« 佳い波動に満ちている第2回スワールMG | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(140) »

青春の街神戸とは縁が深かった

先週の金曜日から神戸に来ています。本拠地の新潟よりも関西での仕事が多く、神戸のMG仲間の事務所を「居候オフィス」としています。

 

実はこの街・神戸は、私の青春の街です。生まれは大阪の市内ですが、小さい頃は大阪と神戸の中間にある甲子園の浜で海水浴をしました。また小学校時代は六甲山に遊びました。

 

そして大学は神戸大学に進学をして、大阪郊外の自宅から1時間半くらいかけて通学をしていました。入学当時は「70年安保」の学生運動がまだ残っていて、家を離れる許可を親Photo_2 から与えられませんでしたが、運動の鎮静化でようやく下宿を許されました。

 

下宿は、学部のあった大学本部から歩いて20~30分のところにありました。時間の幅があるのは行きは上り坂が主体、帰りは下り坂が主体だったからです。

 
ちょうど六甲山系の山すそに当たり、頂上を眺めつつ、海(神戸港)を見ることもできるという、絶好のロケーションでした。しかも南に張り出した部屋で、三方が窓、明るくてよかったのですが、夏の暑さは半端ではなかったです。

 
大学に入ったのが1970年、ちょうど大阪万博の年でしたが、その下宿にいたのは70年の秋から2年余りで、72年の夏ごろからは岡山に「移住」して、その年の暮れで下宿は引き払いました。

 
卒業前の1年半は岡山市内のユースホステルにヘルパーとして住み、授業やゼミのある日だけ、月に数回電車で(3時間近くかけて)神戸に通学していました。

 
下宿時代を軸に、神戸の街を山も海・港も暇さえあれば歩き回りました。貧乏学生でお金がなくて贅沢はできませんでしたが、心の栄養はたくさんいただきました。

 
現役時代は、仕事で神戸を訪れることはほとんどなかったのですが、独立開業をしてからは出会った方とのつながりの中で、神戸で仕事をする機会に恵まれました。

 
2015年までは大阪に拠点もありましたが、その少し前からセミナーを神戸で開催することが多くなり、今年も関西での活動の8割は神戸の地で行う予定です。

 
阪神大震災でかつて下宿した家も半壊で取り壊され、周辺の景色も変わりました。大学本部はかつての建物も残っていますが、新しい建物が増えました。「べっぴんさん」でロケ地に選ばれたのは、記憶に新しいところです。

 
気候がよくなったら、時間を作ってかつて青春を過ごしたキャンパスを、ゆっくり歩いてみたいと思います。

« 佳い波動に満ちている第2回スワールMG | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(140) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64912863

この記事へのトラックバック一覧です: 青春の街神戸とは縁が深かった:

« 佳い波動に満ちている第2回スワールMG | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(140) »