« MGは究極のアクティブラーニング | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(142) »

早春の房総半島をぐるり旅

仕事の遠征の移動は、私にとっては楽しい乗り鉄の時間です。でも普段は特急や新幹線、あるいは飛行機での移動が多く、ローカル鈍行の好きな私にはいささか残念な感じです。

 

ところが今回の遠征では、なんとぽっかり1日が空いたのです。この機会を逃してはならないと、いろいろな企画を頭の中で組み立ててみました。

 
たとえば、一区間切符で首都圏の一筆書き旅、鶴見線をゆっくり乗ったり降りたりの旅、都内フリー切符の旅。

 
結局、「南房総フリーきっぷ」を使って、房総半島を一周することに決めました。この切符には大人の休日倶楽部割引もあります。

 
当日は品川駅がスタート、総武線直通快速に当初の予定より早めに乗って順調に・・・いかなかったのですね。新橋を出てトンネル内で信号停車。なんでも新小岩と市川駅間で「異音」があり、安全確認のためとのこと。

 
東京地下駅に列車が溜まり、結局15分余り遅れてしまいました。市川で途中下車、これはフリー切符を市川溌にして買うと、都内発よりかなりお得なのです。

 
千葉では後から来た外房線快速に乗り継ぎ、本来上総一ノ宮行きがこの日は茂原行きに変更、茂原で京葉線からの先行快速に接続して上総一ノ宮へ。

 
早めに昼ごはん、、、駅前には一軒だけ食堂がありました。お刺身定食を頼みましたが、さT_2082119_17 すが海に近いと美味しくてコスパもまずまず。

 
ここから先は209系の乗り継ぎ、京浜東北線から改造されてやってきた2000番台、2100番台は両端車がセミクロスシート。車内一部は荷物扱いで締め切られていました。

 
安房鴨川と館山で乗り継いで木更津へ。このフリーきっぷ、実は南房総地区のバスも乗れるのですが(2日間有効)、今回はローカル電車のみの旅。

 
木更津で久留里線のDCを撮り鉄して、再び内房線を引き返して浜金谷へ。駅から10分の金谷港から、東京湾フェリーで40分、久里浜港へ渡りました。

 
この日の目的地は京急の三浦海岸。駅前の河津桜はもう葉桜でしたが、花も残っていて1年ぶりの早めのお花見気分を楽しみ、乗り鉄旅も終わりました。

« MGは究極のアクティブラーニング | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(142) »

VANちゃんの乗り鉄旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64946917

この記事へのトラックバック一覧です: 早春の房総半島をぐるり旅:

« MGは究極のアクティブラーニング | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(142) »