« リーダー意識で行動する方への脳力開発シニア講座 | トップページ | 我が命ある限りここに来ます »

脳力開発は人間学であり行動科学です(141)

企業再建というものも変革、それもこれまで当たり前のことを覆していくくらいの、大きな変革になる場合があります。普通にやって来たことを否定されるのですから、戸惑い以上に反対や反発も不可避です。しかしためらってはおれません。

 
 私(の会社)の場合も、表だった反発こそありませんでしたが、消極的な態度などで反発しているなと感じました。基本土台を作るための研修や、これまでなかったパソコンの導入なT__20170220_15_13_36 どは、なかなか思うようには進めることができません。

 
 しかし、一人また一人と積極的に研修に参加してくれる社員が現れ、パソコンをとにもかくにも使ってみるかという社員も出てきました。1年から2年かかって点が線になり、3年目くらいからそれが面として見えるようになってきました。

 
 点から線へ、そして線が面に広がっていくということは、情報の共有が実現していくということに他なりません。情報の共有はやがて目的の共有となり、その方向が一致すれば、そこから先、リーダーは細かい戦術指示をしなくて済むようになります。

 
 ということは、点から線にもっていくところが最も大変で苦労する部分であり、線から面へはそれよりは少なくとも楽であるということです。そして面が出来上がり広がっていく段階になると、リーダーは戦略チェックだけでもよくなるのです。

 
 とまぁ簡単に書きましたが、多くの場合その最初の段階、点から線への段階で音を上げてしまうことが多いようです。次の第4条はそのことをズバリ指摘しているのです。ここで書いたことを踏まえて、では次にステップを進めていきましょう。

« リーダー意識で行動する方への脳力開発シニア講座 | トップページ | 我が命ある限りここに来ます »

VANちゃんの脳力開発ミニ講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64923378

この記事へのトラックバック一覧です: 脳力開発は人間学であり行動科学です(141):

« リーダー意識で行動する方への脳力開発シニア講座 | トップページ | 我が命ある限りここに来ます »