« 個人事業の方は青色申告にしていますか? | トップページ | 光明皇后は橘三千代の娘なり »

脳力開発は人間学であり行動科学です(136)

結論的にいえば、世の中にそんなに良い条件ばかりがあるわけではありません。反対に悪いと思える条件も、それほどあるとは思えません。ということは、石ころみたいに見た目には役立ちそうもない条件が、やたらと転がっているということでしょう。

 
 良い条件が不足しているなら、石ころ条件でも拾い集めて組み合わせたり加工してみて、新たな条件に作り変えていくことです。アレコレやっている内に、石ころがダイヤモンドに変Photo_2 化してくることだって無きにしも非ずです。

 
 思い通りにならない、そのことを嘆くのではなく、だからこそ面白いのだと気持ちを切り替えてみましょう。心がプラス方向に向くだけで、同じものでも見え方が変わってくるかも知れません。真のリーダーならば常にプラス志向を忘れずに。

 
 変革のための指針、第
2条は「変革とは、それを具体的に不動の決心・覚悟として確立しないと始まらない」です。サブリードは、「変革はまず一人から始まる」となります。不動の決心・覚悟とは戦略であり、上位目標です。

 
 企業(組織)のリーダーたる者は、戦略を明確に打ち出すことを仕事の第一に定めなければなりません。戦略は分かりやすく、誰もが納得して協力、協調してくれるものでなければなりません。簡単には揺るがない、不動の決心であるべきです。

 
 その上で、自分がやるのだという強い気持ちを土台としなければなりません。誰かがやってくれたら、それにくっついていこうとか、一人では不安だから誰かいないかなと、不安な気持ちでいてはいけません。それではリーダー失格です。

« 個人事業の方は青色申告にしていますか? | トップページ | 光明皇后は橘三千代の娘なり »

VANちゃんの脳力開発ミニ講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64848923

この記事へのトラックバック一覧です: 脳力開発は人間学であり行動科学です(136):

« 個人事業の方は青色申告にしていますか? | トップページ | 光明皇后は橘三千代の娘なり »