« 自分で考え行動する習慣こそが学びの核 | トップページ | 初めての「ジパング」割引の乗り鉄旅 »

人材への投資は経営者が決める

今年最初の研修は、毎年恒例I社のお正月MGでした。社長を始め社員さん17名、そして社外からも2名参加で4卓20名で行いました。初めてMGを体験される方がそのうち2名、2回目という方もおられました。またワンデーですので3期までの経営、残念ながら数人の方はT_img_3507 最終決算が間に合いませんでしたが。

初めての方もいらっしゃいましたので、短時間ですが「MQ会計」の講義もさせていただきました。重視するポイントはMQ(売上総利益・粗利益)であることを、特に今日は強調しました。経営の本には利益と言えば経常利益、あるいは当期純利益を重視しますが、現場で仕事をする社員にはそこまでは見えないのです。

現場担当者が見えて、管理またはコントロールできるものはMQです。そしてMQ=M(粗利益)×Q(数量)なので、MQをアップするMとQの組み合わせは5通りあります。また、M=P(売価)-V(原価)なので、MアップのPとVの組み合わせも5通り。両方をかけわせると25通りも方法があるよ、ということになります。

日常の仕事の中で、それだけの考察を行い、実行に移しているでしょうか。やっているのと、やっていないのとでは、必ず大きな差がつくことでしょう。今日は少しそれに関わる事例も、お話しさせていただきました。現役時代、私の会社でも大きな成果を生み出し、赤字会社がみるみる地域の一番会社に変わることができました。

今年も各地の公開セミナーを通じて、また企業での社員研修の中で、このことを伝えて参ります。あなたの会社も、新たな一歩踏み出されませんか。人材を育てるには時間がかかります。しかし、一度育った人材(人財)は、必ず成果を出してくれます。

人材への投資、それは経営者自身が決めなければならない意思決定の一つです。

« 自分で考え行動する習慣こそが学びの核 | トップページ | 初めての「ジパング」割引の乗り鉄旅 »

VANちゃんセミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64732634

この記事へのトラックバック一覧です: 人材への投資は経営者が決める:

« 自分で考え行動する習慣こそが学びの核 | トップページ | 初めての「ジパング」割引の乗り鉄旅 »