« 脳力開発は人間学であり行動科学です(131) | トップページ | 遠征を終えていくつかの仕事の完成を目指す »

MG研修に出るといつでも初心に戻れる

昨日から、石川県金沢市にある北研エンジニアリングさんの、MG研修に参加させていただいています。今回が第4回目のセミナーで、中心は社員さんたちですが、毎回社外からも参加されています。

今回は私も含めて9名の社外参加、そして社内が社長を含めて12名です。社内MGをやられるところも、全国にはたくさんありますが、やはりこんな風に社外からの刺激を得ることも大切なことです。

今回も社内外から初めてMGを体験される方、そしてこれが2回目という方もたくさんいらっしゃり、中には1年数か月ぶりという社員さんも。おそらく前回のことは殆ど忘れてしまってImg_3595 おられるでしょう。でも微かに残った記憶も蘇っていることでしょう。

MGは行入と言われるように、体験型学習でとにかく体で覚え込むのです。水泳の練習と似ているわけで、とにかく経営ゲームという水の中に放り込まれるところから、学びがスタートするわけです。

そして何だか細かいところは分からなくても、周りの見よう見まねで体(手足口)を動かしている内に、自然に体に刷り込まれていくのです。

私自身30年前に初めてMG研修に出た時には、訳もわからずベテランと呼ばれる人たちの真似をしてやろうと、ただただ無我夢中でやった記憶があります。

もちろん、最初からそんなにうまくいくわけではありませんから、成績は散々でした。それでもインストラクターから「成績より期数だよ」と言われ、やっている内に分かってくるものかなとボンヤリ思ったものでした。

爾来30年、あちらこちらのMGに出かけ、その都度初めて体験をされる方を見ていると、初心を思い出しながら「学びの原点」に触れています。分からざるを知る、その積み重ねですね。

というわけで、初めてお訪ねしての研修から、私自身も学びと交流を楽しませていただきたいと願いつつ、じっくり期数を積み重ねていきます。

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(131) | トップページ | 遠征を終えていくつかの仕事の完成を目指す »

VANちゃんのMG・脳開」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64790873

この記事へのトラックバック一覧です: MG研修に出るといつでも初心に戻れる:

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(131) | トップページ | 遠征を終えていくつかの仕事の完成を目指す »