« 申告時期が近づいてまいりましたね | トップページ | 今週末は柏崎MG・佐々木杯 »

脳力開発は人間学であり行動科学です(133)

変革のための指針

今日からしばらくは、「変革のための指針」について書いていきたいと思います。この指針10ヶ条は『真のリーダーの心得』、あるいは『将軍の心得10ヶ条』とも呼ばれています。これまでの基礎土台の内、とくに精神的姿勢の心得を中心とした内容です。
000
 
 ところで、組織におけるリーダーとは、単にその形式上の地位にある人だけを指すわけではありません。また、彼らが必ずしも真のリーダーと呼べるかどうかも保証の限りではありません。名前はどうあろうともリーダーたる人も少なくありません。

 
 形式上の資格があるから地位や権限を与えられた、時には年齢や在籍時間が長いからと言う理由で、リーダーと呼ばれている方もいらっしゃいます。もちろん、その中には正にリーダーだと周りの誰もが納得できる方も多いのですが。


 「変革のための指針」でいうところの真のリーダーとは、地位とか権限とか年齢や所得などとは関係なく、周囲に対して本質的な影響を与えるだけの何かを持っている。その何かとは「変化の土台づくり」を確実に進める脳力、実際行動です。

 
 真の価値とは、現在という出発点から始めて、これから着実に進歩発展を遂げていくことにあります。自らの努力による、創造的な変化ということもできるでしょう。この創造的変化のことを、脳力開発で『変革』と呼んでいるのです。

 
 また、それ以上に重要なことは、自らが真のリーダーたることを自覚し、リーダーにふさわしい行動を常に心がけているかということです。自覚とは誇りであり、強い決心覚悟でもあります。その自覚と覚悟を持って、これからの10ヶ条を学びましょう。

« 申告時期が近づいてまいりましたね | トップページ | 今週末は柏崎MG・佐々木杯 »

VANちゃんの脳力開発ミニ講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64803004

この記事へのトラックバック一覧です: 脳力開発は人間学であり行動科学です(133):

« 申告時期が近づいてまいりましたね | トップページ | 今週末は柏崎MG・佐々木杯 »