« 脳力開発は人間学であり行動科学です(120) | トップページ | 障がい者雇用が切り札になるかも »

プレミアムフライデーとかという堕落の道

プレミアムフライデーなどという制度を試行してみようという。2か月に一度くらい、月末金曜日を15時までの仕事で切り上げ、早く帰ろうということらしい。早く退社して、買い物をしたり飲食をしてその分個人消費を増やそうというのだそうだ。

確かに、GDPの60%を占めるとも言われている個人消費が、ずうっと伸び悩んでいることは承知しているのだが、こんな小手先のことで回復したり増えたりするなどと考えているのは、かなりお目出度いのではないのか。

まぁ、効果が全くないとは言わないけれど、どうもこの国の役人どもやトップ層の人間たちは、頭のネジが緩んでいるか、数本足りなくなっているのではないか。アメリカのブラック・Photo フライデーあたりを真似たのだろうけど、こんなキャンペーンで何がどう動く?

おひざ元の役所は喜ぶだろうな。ただでさえ、時間を超えて働くなどとはとんでもないと思っている階層だし、給料がそのままで仕事時間は僅かでも短くなれば、そいつは御の字だ。まず役所が率先してやってやろうとでも、考えているのだろう。

しかし、そうは問屋が卸すだろうか。月末の金曜日がどういう日なのか、愚かな役人どもは分かっているのだろうか。現場を知らない、浮世離れしている学者センセーや、自分の意思で働く時間がどうにでもなる財界のおっさんたちが、深い考えもなく決めようってんだろう。

例えば銀行屋さんなどはどうだろう。月末金曜日などは残業をしても、仕事に追い付かないのではないか。月末に走り回ることの多い中小企業の社長や社員はどうだ。16時までやっているはずの、郵便局も15時でやめちゃうのか。

とくにその日の次が土日で「今月は終わり」などとなったら、混乱が見えるようだ。何にしても「あんまり働くなよ」ということなのかどうかは知らんが、時間給とか日給月給の人たちはどうなるのか。

休日・祝日も多く、全世界的にも「働かない」日本人を、ますます働か無くして浪費だけさせようというのは、無理押ししているカジノ法案にも通じる精神があるやに思える。

おいらは働くよ。そして使う時にはドカンと使うよ。

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(120) | トップページ | 障がい者雇用が切り札になるかも »

VANちゃん怒ってます」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64620245

この記事へのトラックバック一覧です: プレミアムフライデーとかという堕落の道:

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(120) | トップページ | 障がい者雇用が切り札になるかも »