« 脳力開発は人間学であり行動科学です(122) | トップページ | 正しいキャッシュフロー経営を学ぶべし »

来年はもっと乗り鉄旅を楽しもう

一昨日の19日で、今年の仕事遠征もすべて完了しました。ということで、乗り鉄旅も一応の終止符です。いったいどのくらいの距離を、鉄道で移動したでしょうか。クライアントの会社訪問が多いので、一定の路線を利用するケースがほとんどで、暇を見つけてミニ旅を試みたり、時間の余裕があれば違う経路を通ることもありました。

移動時間を稼ぐための空旅も、月に1、2度、多くても3度程度ですが、来年はもう少し増えるかもしれません。東京から神戸へ(あるいはその反対)の移動が主で、もっぱらスカイマーク便を利用しました。予定が早めに決まるので、お得な料金を活用できますが、急な変更や天候急変によるドタバタもありました。

夜行バスも何度か使いました。若い頃のようにはいきませんが、時間の有効活用が必要な場合は重宝します。最近は3列シート・フルリクライニングや、コンセント付き、Wifi付きの車両もあるので、うまく使えば安い料金とともに魅力です。

そんなわけで、乗り鉄旅にはこだわらない1年でしたが、やっぱりのんびりと鈍行列車にゆT_img_2600 られる旅が一番であることは、言うまでもありません。来年はもっとうまく時間を使って、乗り鉄するだけでなく、途中下車して街歩きをたのしむことも増やしたいものです。やっぱり気持ちの余裕を持った旅が良いですから。

今年もJR北海道の留萌線末端区間(留萌-増毛)が廃止になったり、おそらく来年にはやはりJR北海道の夕張支線(新夕張-夕張)、やJR西日本の三江線(三次-江津)が廃止になるようです。そこまで足を伸ばすことは難しいでしょうけど、地方のローカル線にもできるだけ乗り鉄の旅に行きましょう。

かと思えば、新線も誕生します。厳密には復活ですが、広島県の可部線が二駅延伸されます。また、ここ数年の都市部の新線はなかなか乗る機会がなく、「未乗」l区間がいくつかありますから、これもできるだけクリアしていきます。

そんな乗り鉄旅のお話も、来年はもっとできればいいなと思っています。

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(122) | トップページ | 正しいキャッシュフロー経営を学ぶべし »

VANちゃんの乗り鉄旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64650602

この記事へのトラックバック一覧です: 来年はもっと乗り鉄旅を楽しもう:

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(122) | トップページ | 正しいキャッシュフロー経営を学ぶべし »