« 書く気も起らぬが書いておこう | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(122) »

利益が出たからベンツを買いに走る

「PL(損益計算書)は意見、キャッシュは現実」という言葉があります。PLで利益=経常利益がでていても、その金額のキャッシュは手元にはありませんよ、という警告でもあります。

先日のこと、ある友人経営者の奥様からお電話で相談が持ち込まれました。ちなみに、私の本業は経営コンサルタントですので、この手の相談事はたまにあるのです。かなり急いでおられましたので、こちらもすぐに出かけていきました。

駆けつけますと、お二人で待っておられたのですが、いきなり奥様から「とんでもないんですよ、この人は」と。どうしたんですかと尋ねましたら、「この人ベンツを買ったんですよ」と、Photo_2 さらに勢い込んで言われるのです。友人が前からほしいと言っていたのを聞いていたので、いいじゃないですかと言おうとしたのですが、それにしては雰囲気がおかしいのです。

それで友人の方に目を向けたのですが、彼はもじもじとするばかり。奥さんの方がさらに畳みかけます。「先日、税理士さんがおいでになって、『今期はかなりいい成績ですね。たぶん利益もかなり出ているようですよ』と言われたのです。」

それは良いことですね、と応じようとしましたがどうも様子が変ですので黙っていました。そうしましたら、「税理士さんのおっしゃるには、今期の利益が○○万円くらい出るので、納税を差し引いてもこのくらいの当期利益です」。そうしましたら、この人はなんとすぐに知り合いの車屋さんに走って行って、ベンツを予約してきたんです。

ようやく呑み込めました。その会社では奥様が経理を切り盛りされているのですが、おそらくキャッシュの状態(キャッシュフロー)がどうなっているのかを、よくご存じなのでしょう。友人は利益が出たので、その分のキャッシュがあると早飲み込みしてしまったのでしょう。

そこで、「じゃぁ彼を借りていきますね」と友人を外に連れ出して、奥様の言わんとするところを代わりに言って上げたのですが、納得するまでにはかなりの時間を要しました。

かくの如く、経営者の中にはPL上の利益分と同じだけのキャッシュが増えた、と勘違いされる方が大変多いのです。販売・流通業の方はもちろんですが、製造業の方はより大きな勘違いをされている例が少なくありません。

今回の「ベンツを買いに走る」のは極端な例かも知れませんが、似たようなことは個人経営ではたまにあるようです。あなたは、このような間違いをやってはいませんか?

« 書く気も起らぬが書いておこう | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(122) »

小さな会社のマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64636815

この記事へのトラックバック一覧です: 利益が出たからベンツを買いに走る:

« 書く気も起らぬが書いておこう | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(122) »