« 脳力開発は人間学であり行動科学です(121) | トップページ | 書く気も起らぬが書いておこう »

聖武天皇いよいよ歴史の中心に

今上天皇陛下のご譲位についての論議が終盤を迎えています。皇室典範の改定ではなく、特例法の制定で落ち着きそうな雰囲気ですが、そうなると憲法の規定(天皇の地位と皇室典範の規定)との整合性が、問題になりそうですね。

ところで、生前譲位ということについては、奈良時代以降は(江戸時代までは)当たり前になっていきましたが、その最初は飛鳥時代の皇極天皇に求められます。以降、持統天皇を始め、元明、元正、そして聖武天皇も生前譲位をされています。こう見てくると、女性天皇による生前譲位が目立つのですが、「つなぎの天皇」とイメージをもたれる要因になっているのでしょう。

しかし、これまでも私感を書いてきましたが、この時代の女性天皇は決して「つなぎ」だけではなかったと思われます。持統天皇は、天武天皇の皇后であった時から政治の中枢にいらっしゃいましたし、太上天皇として譲位後も大きな影響力をお持ちでした。

元明天皇は、息子であった文武天皇が若くして亡くなられた後、孫の聖武天皇が成長されるまでという感じがありますが、実際にはすんなり譲位するのではなく、いったん娘(聖武かPhoto ら言えば叔母)を挟みました。おそらく当時の政権トップであった藤原不比等の構想とは、違っていたのではないかと思われますが、それを押し通す力がありました。

そしてようやく、元正天皇から聖武天皇への譲位が行われたのです。しかし、そこにはもう不比等の姿はなく、政権の中心は長屋王(長屋親王)であり、皇親勢力であったようです。長屋王の変は、そういう中でおこったわけです。

「藤原氏の陰謀」という説も有力です、確かに無実の罪らしい雰囲気はありますが、要するに権力闘争の敗北者であったのでしょう。足をすくわれる要因があった、ということなのではないでしょうか。これによって不比等の四人の息子が表舞台に出てきますが、そううまくいかないのが歴史の不可思議です。

さて聖武天皇といえば奈良の大仏開眼、あるいは遷都を繰り返した落ち着かないイメージが強いのですが、また母親は不比等の娘・藤原宮子、皇后もその異母妹の光明子というように、「藤原の子」という目で見られるのですが、果たしてどうだったのでしょう。次回よりその辺りをいて参りましょう。

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(121) | トップページ | 書く気も起らぬが書いておこう »

「歴史と人間」ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64631501

この記事へのトラックバック一覧です: 聖武天皇いよいよ歴史の中心に:

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(121) | トップページ | 書く気も起らぬが書いておこう »