« 今年最後のCFMGは神戸で来週末開催! | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(119) »

カジノ法案をホンマに通してしまうんか?

アイアール法案ってなんや? ええっと、、、Integrated Resort の略やそうな。どう訳す?統合型リゾート(法案)ちゅうらしいで。いったい、なんや、それって。複合型観光集客施設とでもいうのやそうやで。

なんでも横文字にすれば良いってもんじゃないない上に、どうもその目玉というか、何で儲けるかというとカジノらしいんやな。それならスンナリ「カジノ法案」と呼びゃあエエもんを、わけのわからん横文字でごまかしやがって。

その法案が衆議院(の委員会と本会議)で強行採決されたとかで、またえろう揉めてるみたいやな。この間はTPPで揉めて、次は年金の改正(改悪?)とかで揉めて、まだあるんかという感じやけど、カジノ法案じゃ通りが悪いわけやな。

確かにマカオやシンガポールにはそういうのがあって、えらい繁盛してるとは聞いてる。マカオには、もうだいぶん前になるけどカジノに行ったことがある。シンガポールに行った時Photo にはまだできてなかったのかな、なんでもその統合型施設の中では収益の80%がカジノやそうやないか。

日本でもそのつもりなのかな。大阪の松井知事はんがえらい熱心に推進を叫んどるそうやけど、地盤沈下した大阪をナントカ盛り返そうと言うんやろうな。その主旨は買えるけど、カジノを大々的に政府や地方自治体公認で作るいうんはどないやろな。

要するにカジノっちゅうのは博打場やないか。平たく言えば賭場(どば)やろう、パチンコも似たようなものやが、動く金の量が天地の差やろなぁ。賭博を奨励するっていうわけなんかいな。すでに都会には、そういう施設ができるを見越して、たとえばルーレットのディーラー養成学校なるもんも、できとるんやそうな。

まぁしかし、そんな学校行きたい言うて生徒が進路指導の先生に相談したら、先生はどう答えたらエエんやろかいな。

カジノはどうやって儲けるんや? ありていに言えば「負ける人がぎょうさんおるから儲かる」ってわけなんやろ。カジノが金を発行しているわけやないから、誰かの金が誰かに流れていく、前者が多数で後者はほんの一握りで、その流れの中に手を入れて儲けを掬うわけやろ。

そうまでやって、発展をしたいんか、松井はん!「3年待ったんや、急いでるんやない」とうそぶいとるが、そうやこの法案は以前に一度廃案になったんや。それがまたゾンビのように生き返って、その上に強行採決や。本会議もその伝でいくんやろな。

公明党もだらしないな、創価学会は反対しとるで。自民党には若手議員も、母親議員もいてるはずやけど、健全な若者の未来を思うたら賛成できるんかい? しかも今回法案は骨格だけや、中身はこれから議論するやて。どうせ、世間知らずの役人があれこれごった煮にして「ハイこれ」って、出してくるんやろな。

あぁあ、日本の未来は暗~いわ。。。

« 今年最後のCFMGは神戸で来週末開催! | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(119) »

VANちゃん怒ってます」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64587526

この記事へのトラックバック一覧です: カジノ法案をホンマに通してしまうんか?:

« 今年最後のCFMGは神戸で来週末開催! | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(119) »