« 瓜田に履を納(い)れず 李下に冠を正さず | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(115) »

年賀状の準備を始めましょうかね

この冬最大の寒波が南下してきているようで、昨日は早朝の気温よりも夜の方が一段と下がりました。今朝もかなり冷え込んできたようですが、関東方面では一足早く雪が降ったりしているようです。東京の友人も慌てて冬タイヤへの交換をしようと思ったようですが、整備工場もスタンドも数時間待ちとのことで、外出しないことに決めたようです。

こちら新潟県も中越や上越の予報は雪マーク、山や山沿いの里では雪が降るようです。スキー場に降っている雪の様子が映像で流れていましたが、いよいよ本格的な冬、厚いコートやジャンパーの出番ですね。愛車のタイヤの方は、来月初めが6か月点検なので、その時に替えてもらいます。

今年の4月末までの26年間は、豪雪地と言われる長岡市に住んでいましたので、タイヤの交換も11月の半ばまでには終えて備えていましたが、新潟市内は長岡ほどの雪は降らなPhoto いそうです。とはいえ、逆に雪への対応(融雪設備など)は余りないので、少し余計に降ると交通混乱するそうです。遠征では車を使わないので、鉄道や空の情報だけはしっかりとらえておきましょう。

11月も下旬となりますと、そろそろ年賀状の準備です。一昨年は義母を見送り、昨年は母を亡くしましたので2年続きの喪中はがきでしたが、今回は久しぶりに年賀状としてマンダラ近況報告を送る予定です。内容を考え下書きを始める時期ですね。

今回は住所変更のお知らせも兼ねています。引っ越し案内や暑中見舞いを送った先には報せましたが、ここのところ届いている喪中はがきの宛先は、そのほとんどが旧住所になっています。こりゃぁ、たくさん報せるところがあるなぁと思っているところです。

こうやって年賀状の準備を始める頃は、並行して新年の人生計画も確定の季節です。昨年の目標を継続や更新も含め、いよいよ「高齢者」の仲間入りの2017年、いつまでも若くありたいを前面に打ち出して、しかし年齢相応の気遣いも加えて前進をして参ります。

« 瓜田に履を納(い)れず 李下に冠を正さず | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(115) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64533564

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状の準備を始めましょうかね:

« 瓜田に履を納(い)れず 李下に冠を正さず | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(115) »