« 脳力開発は人間学であり行動科学です(110) | トップページ | オタオタするなよ、日本!自立のチャンスだぜ。 »

ねぇ、私は間違っていますか?

この国は何かが狂ってきている、どこかがおかしくなってきているようだ。以前からいろんな人がそのように言っているのだが、最近も私の頭では理解不能な事件が起こっていた。伝聞情報なので詳しいことは分からないが、どうも次のようなことらしい。

とある都会のマンションでのことだが、年配の人(つまり大人)はエレベータかに乗り合わせた子供に、挨拶の言葉を投げたところ、返事がなくて気分が悪かったというのだ。ここまではどこでもありうる光景なのだが、マンション住民の会議で、そういうことなら「挨拶をしなCwawtflucaenua0 い」ことにしようと決めたらしい。

その引き金になったのが、小学生の親からの提案だという。子供に、知らない人から声をかけられたら逃げるように教えているので、「マンション内では挨拶をしないように」取り決めてほしいというのだ。

そこへ、上記のような年配者からのアクションがあったので、満場一致で「挨拶をしない」ことが決まったのだという。いったいなんだよ!?って感じた私は異常ですか?

教育者である森信三先生は、子供たちに教えるべきは、そして小さな子供の時から励行すべきことは「あいさつ・返事・後始末」と言われた。この3つに、もう一つ「立腰」ができれば申し分がないと。私自身も、自分の親からは口酸っぱく言われて育ったし、子供にもとくに挨拶だけはやらせたし、今は孫にも実行させている。

会社でも、上から下から皆でということで、上司も部下もない、先に声をかけるのが挨拶の基本だということを実践してきた。この春まで住んでいたマンションでも、積極的にこちらから挨拶していた。子供たちにももちろんだし、小さな子供たちも元気よく、挨拶を返してくれた。これが自然の姿だと思うのだけど、間違ってる?

朝起きたら、家族に「おはようございます」から1日が始まる。近所の人にも、もちろんのことだし、玄関やトイレの履物はどこでもいつでもそろえておく。我が家の孫などは、保育園から戻ると(一緒に戻ってきても)ちゃんと「ただいま」と言って玄関を入るし、靴をそろえないと上には上がらない。

家庭教育は3歳までがキーポイントだと言われたのは、ソニーの創業者・井深大さんだったかな。そういう3歳までの教育ができていない親が、そういう親を育ててしまった大人が、この国をどんどんダメにしているのか? そうでないと信じたいがなぁ。




« 脳力開発は人間学であり行動科学です(110) | トップページ | オタオタするなよ、日本!自立のチャンスだぜ。 »

VANちゃん怒ってます」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64462132

この記事へのトラックバック一覧です: ねぇ、私は間違っていますか?:

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(110) | トップページ | オタオタするなよ、日本!自立のチャンスだぜ。 »